古着、牛乳パック等を地区公民館等で拠点回収しています

2014年7月10日

 

  八幡浜市では、 ①古着、②飲料用パック(牛乳パック等)、③廃食用油 を各地区公民館、市役所等に設置しているリサイクルボックスで拠点回収しています。
 「捨てればゴミ、生かせば資源。」ごみの減量化や資源ごみのムダをなくすためにも、市民の皆様のご協力をお願いします。

 

  1.古着
   回収された古着は、衣類として再利用します。
 
回収できるもの 回収できないもの
・未使用のもの
・状態の良いもの
・下着
・靴下(新品を除く)
※回収できるもの以外は、燃やすごみとして出してください。

【回収ルール】
(1)基本は、洗ったものを出してください。
 (わざわざクリーニングに出す必要はありません。)
(2)古着でも汚れたもの、擦り切れたものは、出さないでください。
(3)古着以外(布団、靴、ぬいぐるみ等)は出さないでください。

【回収ボックス設置場所】
各地区公民館、市役所(各出張所を含む)、文化センター、JA川之石店、保内営農管理センター、浜っ子共同作業所、真網代消防詰所、小網代バス停
 
  2.飲料用紙パック(牛乳パック等)
 回収された飲料用紙パックは、トイレットペーパーやティッシュペーパー、キッチンペーパーなどにリサイクルされています。
 1リットル入りの牛乳パック30枚でトイレットペーパーなら5個、ティッシュペーパーなら3~4箱を再生できます。

【回収できないもの】
内側にアルミ箔が貼られているもの(内側が白いものに限ります。)

【飲料用紙パックの出し方】
紙パックの中を洗う → 乾かす → 切り開く → まとめる → 回収ボックスに入れる

【回収ボックス設置場所】
各地区公民館、市役所(各出張所を含む)、文化センター、スーパーマーケット 等
 
  3.廃食用油
   八幡浜市では、ご家庭等で使用済みとなった廃食用油(てんぷら油等)を回収しています。
 皆様から頂いた廃食用油は、バイオディーゼル燃料に精製し、ごみ収集車等の軽油の代替燃料として使用しています。
 
回収できるもの 回収できないもの
・サラダ油等の植物性の食用油
※消費期限切れ回収可能です。
・バター、ラード等の動物性油
・オリーブオイル
※燃やすごみとして出してください。
  ※回収ボックスの設置場所等はこちら

お問い合わせ

生活環境課
電話:0894-22-3111