国民健康保険税について(加入・脱退の届出)

2014年8月4日
○加入・脱退・変更などについて

 加入資格が発生・消滅した人は、住民登録のある市区町村で加入・脱退の手続きが必要です。
 該当する方は、14日以内に八幡浜市役所市民課で手続きを行なってください。

こんなとき 必要なもの
加入

場合
他市町村から転入したとき 印鑑、転出証明書
職場の健康保険をやめたとき 印鑑、健康保険をやめた証明書(資格喪失証明書など)
職場の保険の被扶養者をやめたとき 印鑑、被扶養者でなくなった証明書
子供が生まれたとき 印鑑、保険証・母子健康手帳
生活保護が廃止されたとき 印鑑、保護廃止決定通知書
・保険証は個人単位で交付しています
・現在、同一世帯に国民健康保険に加入している方がいるときは、交付されている保険証をご持参下さい。

※加入の届出が遅れると・・・
加入資格が発生した時点(届出日ではない)までさかのぼって保険税を納めなければならなくなります。また、その間は被保険証がないため医療費は全額自己負担となります。

脱退

場合
他市町村へ転出したとき 印鑑、保険証
職場の健康保険に入ったとき 印鑑、国保保険証と職場の保険証(未交付の場合はそれを証明するもの
死亡したとき 印鑑、保険証・死亡を証明するもの
生活保護が開始されたとき 印鑑、保護開始決定通知書、保険証
障害認定により後期高齢者医療に加入する場合 印鑑、保険証、身体障害者手帳、年金証書
75歳到達により後期高齢者医療に加入する場合 ※届出の必要はありません

※脱退の届出が遅れると・・・
被保険証が手元にあるため、うっかりそれを使って医療を受ける方がいます。この場合、国保が負担した医療費は、あとで返していただくことになります。 新たに加入した職場の健康保険などと国保の両方に保険料を二重に納めてしまうことがあります。



転居、氏名変更、世帯主変更、 世帯の合併・分離をしたとき 印鑑、保険証
修学で他区市町村に転出するため、 別の保険証が必要なとき 印鑑、保険証、在学証明書など
保険証をなくしたとき 印鑑、身分を証明するもの
退職者医療制度に該当したとき 印鑑、保険証、年金証書
退職者医療制度に該当しなくなったとき 印鑑、保険証

お問い合わせ

税務課
電話:0894-22-3111