平成25年3月7日12時 津波警報が変わります

2014年8月5日
 

 気象庁では、平成23年東北地方太平洋沖地震による津波被害の甚大さに鑑み、津波警報等の改善に向けた検討を行い、平成25年3月7日12時より新しい発表基準や情報文による津波警報等の運用を開始します。

 
 
津波警報の改善ポイント


「巨大」「高い」という言葉を使った大津波警報、津波警報で、非常事態であることを伝えます。
予想される津波の高さを、1m、3m、5m、10m、10m超の5段階で発表します。
「観測中」と発表された場合、これから高い津波が来ると予想されます。

 

津波から命を守るために
・強い揺れ、弱くてもゆっくりとした長い揺れを感じたら
・揺れがなくても、津波警報を見聞きしたら

 すぐに高台津波避難ビルに避難!!

お問い合わせ

総務課
電話:0894-22-3111