受益者負担金制度について

2014年8月8日

 受益者負担金とは、現在進めている公共下水道が完備いたしますと、浄化槽の必要がなくなり、直接水洗便所に改造することができるようになります。排水路等からでる悪臭や不快感もなくなり、非常に衛生的で、ハエや蚊の発生源も少なくなり伝染病の心配からも解放されます。
 また、道路や家庭環境が整備され、地域全体が明るい文化的な生活ができ、宅地の有効利用と共に住みよい街づくりができ、この区域内の土地所有者又は権利者が有形、無形の利益(便益性)を受けることになります。
 しかし、この公共下水道は、道路や他の公共施設のように、全市民が公平に誰でも利用できるというものではなく、公共下水道が設けられた地区だけの人が利用することになり、この区域は、市域のほんの一部にすぎず、この恩恵をうけられない地域がほとんどです。
 このように特定の市民の方だけが恩恵をうけることになりますので、建設費の一部を利益を受ける方に負担していただく、これが「受益者負担金」です。

1)受益者負担金を納めていただく根拠
 この負担金は、都市計画法第75条及び地方自治法第224条の規定に基づき「八幡浜市公共下水道事業受益者負担に関する条例」の規定により、公共下水道事業の受益者(土地の所有者又は権利者)に賦課されるものです。

2)受益者負担金を納めていただく方(受益者)
 公共下水道を整備される区域内にある土地の所有者です。
 ただし、その土地に権利(地上権者・質権者・賃借人・使用貸借人など)がある場合には、その権利者が受益者となって負担金を納めていただくことになります。
 その土地の上に建物が建っている場合は、だいたいその建物の所有者が受益者となります。(単なる借家人は受益者にはなりません。)

3)受益者の申告について
 受益者の正確を期するため、受益者は申告制度によることになっております。申告書を市役所からお届けしますから、市の定める日までに申告して下さい。
 もし、申告書の提出がない場合には、権利者がないものとして土地の所有者に受益者負担金が賦課されますので、必ず申告して下さい。

 ◎負担をしていただく金額は1平方メートル当たり215円

 受益負担金の金額は、土地1㎡(平方メートル)につき215円(坪当り約711円)です。この1㎡当りの額に、みなさんの所有している又は権利のある土地の面積をかけますと、各受益者が納付すべき負担金となります。(負担金の額に10円未満の端数があるときはこれを切り捨てます。)

4)負担金を納めていただく時期と方法
 負担金は5年に分割し、これを更に1年を3回(第1期は9月、第2期は11月、第3期は翌年1月)に分けて計15期に分納していただくことになります。
 また、受益者の申し出により納期前に一括納付することができます。
 この場合は、納期前に納付した期別納付額の100分の1に納期前の月数をかけて得た額を報奨金として交付しいたします。(未納の負担金がある場合は交付しません。)
 負担金の納付書は、各年度ごとに送付しますからそれにより納めて下さい。

5)負担金の減免、徴収猶予について
 その土地の使用状況及び受益者の事情により、負担金を減免し又は徴収猶予をしたりすることができます。
 その主なものを示すと次のとおりです。なお、負担金の減免及び徴収猶予を受けようとするときは申し出て下さい。申請書をお渡しします。

[減 免 対 象]
①国又は地方公共団体が、公用又は公共の用に供し、又は供することを予定している場合(道路・公園・学校・庁舎・公営住宅用地など)
②公の生活扶助を受けている受益者、又はこれに準ずる特別の事情がある場合
③私立学校・社会福祉施設
④墓地・境内地・公道に準ずる私道・自治会館・集会所用地

[徴 収 猶 予 対 象]
①受益者について、災害・盗難・その他の事故により、負担金を納付することが困難な場合
②受益者又は受益者と生計を一にする親族が病気又は負傷により長期療養をする場合
③その土地が裁判上の係争地となっている場合
④現状が農地等である場合( 田・畑・山林など)

6)納付管理人について
 受益者は、市内に住所等を有しないときは、負担金納付に関する事項を処理するために、市内に居住する者のうちから納付管理人を定めて納付していただくことになりますので、納付管理人申告書を提出して下さい。

7)受益者に変更があった場合
 負担金の賦課対象となっている土地の所有者又は権利者が変わった場合は、直ちに受益者変更届を提出して下さい。新しい所有者又は権利者が受益者となって負担金を納めることになります。
 また、受益者の住所が変わった場合も住所変更届を提出して下さい。

8)届出を必要とする事項
 次のような事項が発生した場合には直ちに届出を提出して下さい。
①負担金の減免を受けようとするとき
②負担金の徴収猶予を受けようとするとき
③受益者(土地所有者又は権利者)又は受益者地積に変更があったとき
④受益者が住所を変更したとき
⑤納付管理人を選人又は変更したとき

お問い合わせ

下水道課
電話:0894-22-3111