社会保険庁や市役所を名乗る不審電話について

2014年8月9日

 最近、社会保険庁や市役所の職員と名乗る者から「保険料を払い過ぎている」「医療費の還付があるので口座番号を教えて欲しい」というような不審な電話が掛かってきたとの相談が多数寄せられています。
 これは、現金自動預払機(ATM)の操作に不慣れなお年寄りを電話で誘導し、知らない内に現金を振込ませるいわゆる「振込め詐欺」です。社会保険庁や市役所から電話で口座番号をお聞きするような事はありません。もし、このような電話が掛かってきた場合や、不審に思った場合には、相手にせず電話を切りましょう。
 また、既に口座番号等を教えてしまっている場合には、早急に市役所内消費生活センター(Tel22-5971)までご相談下さい。

 

 

   tyui.png

お問い合わせ

商工観光課
消費生活相談センター
電話:0894-22-5971