くだもの

2014年9月11日

 八幡浜では、果実栽培が盛んで、中でもみかんは明治の中頃から栽培が始まり、現在では日本一の品質を誇る「日の丸」みかんをはじめとして全国でも有名な産地となっています。急な斜面を利用した段々畑を埋め尽くすみかんの木々は、眺めも壮大で貴重な観光資源にもなっています。
 温州みかんをはじめ伊予柑、富士柿などこだわりの果実をどうぞご賞味ください。

 

みかん

 

mikan.jpg

 

 八幡浜市は宇和海に面し、リアス式海岸のため山々が海に迫り平地が少ない地域です。そのためみかん園は、石を積み上げた段々畑が標高300m近くまでつらなっている地域もあります。実は、この海に面した石積みの段々畑が、甘さと酸味のバランスのとれたみかんをはぐくみます。
 太陽の直射日光、そして海と石積みからの照り返しによる三つの太陽光により、葉の裏側まで光が行き届き、光合成を高めます。
 自然の恵みにはぐくまれ、生産者が丹精込めて育てた、こだわりのみかんをぜひご賞味ください。




温州みかんの効果

みかんに含まれる成分はビタミンC、ビタミンA、クエン酸、食物繊維、ミネラル。

美容効果 肌荒れ、シミ、ソバカス、便秘を防ぐ
健康効果 高血圧、脳出血などの予防
血液をきれいにする
疲労回復、ストレス解消
慢性疲労、風邪などのウイルス感染に対して抵抗力を高める
病気予防 ガン予防、風邪予防、動脈硬化予防、肝臓を守る

 温州みかんに新たな効果が確認されたと報道されています。(愛媛新聞H15.10.27)
 これによると、みかんのじょうのう膜(果肉を包む袋)が体内の脂肪を分解し、さらに体内へ脂肪が吸収されるのを抑えるという効果だそうです。




iyokan.gif
宮内伊予柑
収穫時期 12月上旬 - 1月上旬
市場に出る時期 12月下旬 - 3月中旬
 伊予柑の枝変わりから誕生した宮内伊予柑は、在来種よりも早く熟し、酸味や種が少ないため甘みもたっぷりです。

kiyomi.jpg
清見タンゴール
収穫時期 -
市場に出る時期 2月下旬 - 4月末
 「オレンジ」の香りの良さと「みかん」のジューシーさを併せ持つ品種。果肉は柔らかく、袋まで 食べれます。

dekopon.jpg
デコポン(不知火)
収穫時期 -
市場に出る時期 12月下旬 - 4月末
 清見タンゴールとポンカンの雑種で、人気抜群のニューフェイス。へたの部分がおへそのように出っ張っています。

ponkan.jpg
ポンカン
収穫時期 -
市場に出る時期 1月中旬 - 2月下旬
 温州みかんよりも大きめの果実で、果肉は柔らかく、甘みは強く、酸味が少なく、袋も柔らかです。

encore.jpg
アンコール
収穫時期 -
市場に出る時期 2月中旬 - 4月中旬
 美しい光沢を持った皮は、温州みかんのようにむきやすく、濃いだいだい色の果実は甘くて。ジューシーな味わいです。

マーコット
収穫時期 -
市場に出る時期 2月下旬 - 3月下旬
 柔らかな果実は汁気たっぷり。甘みが大変強いことでも知られています。主にハウスで栽培されいます。

                            
温室みかん
収穫時期 -
市場に出る時期 5月上旬 - 9月下旬
 みかんの着色が始まる6月に加温をストップして、収穫期の状態に。色は薄めですが、味は露地物と変わりません。

温州みかん
収穫時期 9月上旬 - 12月中旬
市場に出る時期 9月上旬 - 12月中旬
 愛媛を代表する柑橘。八幡浜産の物はカロチンが多く含まれており、皮が薄く、甘くコクのある味わいが人気です。

 

 

富士柿


 八幡浜市国木・牛名地区を中心に栽培されている渋柿です。昭和2年蜂屋柿から豊産性で着色の早い大果型の変種として発見されました。
 渋抜きは、35度の焼酎を使い約5日をかけてじっくり行い、自動アルコール噴射方式により、一度に多量の奪渋を行うことで均質化を高めています。甘柿と異なるまろやかな甘さと風味が特産品として現在、人気が急上昇中です。
 大きさは、愛宕柿や平核無と比較して大型(日本一)で、果型が富士山に似ていることから「富士柿」と命名されています。
 この日本一の富士山に劣らぬ「富士柿」をぜひご賞味ください。

 

kaki.gif

 

kaki1.gif

お問い合わせ

農林課
電話:0894-22-3111