消費者行政の推進について(市長メッセージ)

2022年2月9日

"/

八幡浜市では、専門的な知識と経験を有した消費生活相談員を平成19年に採用し、『八幡浜市消費生活センター』を開設しています。消費生活に関する相談業務は市民に直結した業務であり、当センターでは、八幡浜市と伊方町の広域での相談業務を行っています。高度情報化によるインターネットを利用した取引の増加や、規制緩和の波により消費生活が大きく変化した昨今、相談件数も増加しています。

令和2年度、八幡浜市で受け付けた相談件数は240件、その内、70歳以上の高齢者からの相談は54件となっています。また、令和3年度(4年)1月末までに受け付けた相談件数は187件、その内、70歳以上の高齢者からの相談は60件と、依然として高齢者から寄せられる相談の割合は高くなっており、また、若年層からの相談も増加傾向にあります。

消費生活相談の中で特に多いものとしては、公的機関を騙りATMへ誘導する還付金詐欺や、新型コロナウイルス感染症による収入減、在宅率の上昇により、ネットを使ったショッピングに関するトラブル、在宅ワーク、副業サイト、投資サイト等と契約し多額の入会金や登録料を請求されるトラブルなど、年々複雑、多様化しています。

こうした中、平成30年3月には、相談者のプライバシーを保護し、安心して相談できる環境を整備するため、専用の相談室を設置し、令和2年3月には、消費者の安全・安心を確保するため、地域で連携し見守り活動を行う「消費者安全確保地域協議会」を設立しました。また、相談員が地域や学校に出向き、手口や対策について講話を行う「出前講座」を実施するなど、消費者被害の防止に努めているところです。

今後も引き続き、これらの啓発活動を実施していくとともに、相談員の相談対応能力の向上、相談窓口の充実と機能強化を図り、市民の安全・安心を確保するため、消費者行政の維持、拡充に努めてまいります。

 

令和4年2月      

八幡浜市長 大城 一郎

お問い合わせ

商工観光課
八幡浜市消費生活センター
電話:0894-24-0188
ファクシミリ:0894-24-0188