年金額を増やしたいときは?

2016年4月1日

 付加保険料の納付や60歳以上の任意加入制度があります。

 

付加保険料

 国民年金保険料に加えて月額400円の付加保険料を納付すると、将来の老齢基礎年金に付加年金が加算されます。付加保険料は、「200円×納付月数」で計算され、2年を超えて給付すると、支払った付加保険料以上の付加年金が受け取れます。(保険料免除者及び国民年金基金に加入されている方は、付加保険料を納付していただくことはできません。)

 

【付加年金の受取額の算出方法】

 (例)付加保険料を5年間納めた場合

 400円×5年(60月)=24,000円

      ↓  1年間に受け取る付加年金額

 200円×5年(60月)=12,000円

 

任意加入制度

 国民年金保険料の納め忘れなどにより、納付済期間が40年に満たない場合は、60歳から65歳になるまでの間に、国民年金に任意加入して、満額の年金に近づけることができます。

お問い合わせ

市民課
年金係
電話:0894-22-3111