平成28年八幡浜市議会6月定例会会議録第3号

2016年8月30日

 

議事日程 第3号
 平成28年6月15日(水) 午前10時開議
第1
 会議録署名議員の指名
第2
 報告第 5号 債権の放棄について
 報告第 6号 債権の放棄について
 報告第 7号 債権の放棄について
       (質疑)
第3
 報告第12号 専決処分の報告について(八幡浜市多目的研修集会施設の屋根材剥落飛散による車両破損事故に係る相手方との和解及び損害賠償の額の決定について)
       (質疑)
第4
 報告第13号 平成27年度八幡浜市一般会計繰越明許費繰越計算書
 報告第14号 平成27年度八幡浜市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書
       (質疑)
第5
 諮問第 2号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて
       (質疑、討論、採決)
第6
 同意案第1号 教育委員会委員の任命について
       (質疑、討論、採決)
第7
 報告第 8号 専決処分の報告について(平成27年度八幡浜市一般会計補正予算(第7号))
 報告第 9号 専決処分の報告について(八幡浜市市税条例等の一部を改正する条例の制定について)
 報告第10号 専決処分の報告について(八幡浜市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定について)
 報告第11号 専決処分の報告について(八幡浜市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について)
 議案第53号 市道路線の認定について
 議案第54号 地方公務員法の一部改正に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について
 議案第55号 市立八幡浜総合病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第56号 市立八幡浜総合病院職員定数条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第57号 平成28年度八幡浜市一般会計補正予算(第1号)
 議案第58号 平成28年度八幡浜市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第59号 平成28年度八幡浜市介護保険特別会計補正予算(第1号)
 議案第60号 平成28年度八幡浜市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第61号 愛宕中学校第2校舎大規模改修建築主体工事請負契約の締結について
       (質疑、委員会付託)
第8
 請願第35号 「安保法」の廃止を求める意見書提出についての請願
 請願第36号 日本政府に「核兵器全面禁止・廃絶国際条約」の締結のための行動を求める意見書提出についての請願
 請願第37号 伊方原子力発電所3号機の耐震安全性審査の見直しと再稼働に関する住民説明会を求める請願
 請願第38号 政府に対して「熊本地震を受けて伊方3号機の再審査を行うこと」を求める意見書採択を求める請願書
       (委員会付託)


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


本日の会議に付した事件
日程第1
 会議録署名議員の指名
日程第2
 報告第5号~報告第7号
日程第3
 報告第12号
日程第4
 報告第13号、報告第14号
日程第5
 諮問第2号
日程第6
同意案第1号
日程第7
報告第8号~報告第11号、議案第53号~議案第61号
日程第8
請願第35号~請願第38号


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


出席議員(16名)       
  1番  西 山 一 規  君
  2番  佐々木 加代子  君
  3番  竹 内 秀 明  君
  4番  岩 渕 治 樹  君
  5番  平 家 恭 治  君
  6番  河 野 裕 保  君
  7番  石 崎 久 次  君
  8番  樋 田   都  君
  9番  新 宮 康 史  君
 10番  上 田 浩 志  君
 11番  井 上 和 浩  君
 12番  遠 藤 素 子  君
 13番  宮 本 明 裕  君
 14番  山 本 儀 夫  君
 15番  大 山 政 司  君
 16番  萩 森 良 房  君


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


欠席議員(なし)


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


説明のため出席した者の職氏名
 市長          大 城 一 郎 君
 副市長         橋 本 顯 治 君
 総務企画部長      新 田 幸 一 君
 市民福祉部長      若 宮 髙 治 君
 産業建設部長      中 岡   勲 君
 政策推進課長      久保田 豊 人 君
 総務課長        舛 田 昭 彦 君
 財政課長        藤 堂 耕 治 君
 税務課長        菊 池 敏 秀 君
 市民課長        二 宮 貴 生 君
 保内庁舎管理課長    河 野 久 志 君
 生活環境課長      山 本   真 君
 社会福祉課長      藤 原 賢 一 君
 保健センター所長    二 宮 恭 子 君
 医療対策課長(兼)
 市立病院新病院整備課長 小 野 嘉 彦 君
 人権啓発課長      坂 井 浩 二 君
 水産港湾課長      和 田 有 二 君
 建設課長        宮 下 研 作 君
 農林課長(併)
 農業委員会事務局長   菊 池 誠 一 君
 商工観光課長      垣 内 千代紀 君
 下水道課長       矢 野   武 君
 水道課長        山 内 慎 一 君
 市立病院事務局長    菊 池 司 郎 君
 会計管理者       原 田 磯 志 君
 教育長         井 上   靖 君
 学校教育課長      萩 森 喜 廣 君
 生涯学習課長      河 野 謙 二 君
 代表監査委員      中 島 和 久 君
 監査事務局長      菊 地 一 彦 君


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


会議に出席した議会事務局職員
 事務局長        菊 池 和 弥 君
 事務局次長兼議事係長  田 本 憲一郎 君
 調査係長        松 本 克 之 君
 書記          堀 口 貴 史 君


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   午前10時00分 開議       


○議長(上田浩志君)  皆さん、おはようございます。
 これより本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付してあるとおりであります。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(上田浩志君)  日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、議長において5番 平家恭治議員、14番 山本儀夫議員を指名いたします。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(上田浩志君)  日程第2 報告第5号 債権の放棄についてないし報告第7号 債権の放棄について、以上3件を一括議題といたします。
 これより質疑に入ります。
 質疑は議案つづりの順序に従い、分割して行います。
 まず、報告第5号 債権の放棄について、議案書1ページであります。
 質疑はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  次、報告第6号 債権の放棄について、議案書3ページであります。
 質疑はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  次、報告第7号 債権の放棄について、議案書5ページから6ページであります。
 質疑はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  これをもって質疑を終結いたします。
 ただいま議題となっております3件については承認を要しない報告でありますから、この程度で審議を終わります。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(上田浩志君)  日程第3 報告第12号 専決処分の報告について(八幡浜市多目的研修集会施設の屋根材剥落飛散による車両破損事故に係る相手方との和解及び損害賠償の額の決定について)を議題といたします。
 議案書49ページから51ページであります。
 これより質疑に入ります。
 質疑はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  これをもって質疑を終結いたします。
 本件は承認を要しない報告でありますから、この程度で審議を終わります。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(上田浩志君)  日程第4 報告第13号 平成27年度八幡浜市一般会計繰越明許費繰越計算書及び報告第14号 平成27年度八幡浜市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書、以上2件を一括議題といたします。
 これより質疑に入ります。
 質疑は議案つづりの順序に従い、分割して行います。
 まず、報告第13号 平成27年度八幡浜市一般会計繰越明許費繰越計算書、議案書53ページから54ページであります。
 質疑はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)

 

○議長(上田浩志君)  次、報告第14号 平成27年度八幡浜市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書、議案書55ページであります。
 質疑はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  これをもって質疑を終結いたします。
 ただいま議題となっております2件については承認を要しない報告でありますから、この程度で審議を終わります。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(上田浩志君)  日程第5 諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。
 議案書57ページであります。
 これより質疑に入ります。
 質疑はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております諮問第2号については、委員会付託を省略し、直ちに討論、採決に入りたいと思います。これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  御異議なしと認めます。よって、諮問第2号については、委員会付託を省略し、直ちに討論、採決に入ることに決しました。
 これより討論に入ります。
 討論はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  これをもって討論を終結いたします。
 これより諮問第2号を採決いたします。
 本件について異議のない旨答申することに賛成の議員の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(上田浩志君)  御着席ください。
 起立全員であります。よって、諮問第2号については異議のない旨答申することは可決されました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(上田浩志君)  日程第6 同意案第1号 教育委員会委員の任命についてを議題といたします。
 議案書59ページであります。
 これより質疑に入ります。
 質疑はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております同意案第1号については、委員会付託を省略し、直ちに討論、採決に入りたいと思います。これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  御異議なしと認めます。よって、同意案第1号については、委員会付託を省略し、直ちに討論、採決に入ることに決しました。
 これより討論に入ります。
 討論はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  これをもって討論を終結いたします。
 これより同意案第1号を採決いたします。
 本件は原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(上田浩志君)  御着席ください。
 起立全員であります。よって、同意案第1号は原案のとおり同意することに決しました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(上田浩志君)  日程第7 報告第8号 専決処分の報告について(平成27年度八幡浜市一般会計補正予算(第7号))ないし報告第11号 専決処分の報告について(八幡浜市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について)、議案第53号 市道路線の認定についてないし議案第61号 愛宕中学校第2校舎大規模改修建築主体工事請負契約の締結について、以上13件を一括議題といたします。
 これより質疑に入ります。
 質疑は議案つづりの順序に従い、適宜区切って行います。
 まず、報告第8号 専決処分の報告について(平成27年度八幡浜市一般会計補正予算(第7号))、議案書7ページから11ページであります。
 質疑はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  次、報告第9号 専決処分の報告について(八幡浜市市税条例等の一部を改正する条例の制定について)、議案書13ページから38ページであります。
 質疑はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  次、報告第10号 専決処分の報告について(八幡浜市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定について)、議案書39ページから44ページであります。
 質疑はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  次、報告第11号 専決処分の報告について(八幡浜市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について)、議案書45ページから48ページであります。
 質疑はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  次、議案第53号 市道路線の認定について、議案書61ページから65ページであります。
 質疑はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  次、議案第54号 地方公務員法の一部改正に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について、議案書67ページから68ページであります。
 質疑はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  次、議案第55号 市立八幡浜総合病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案書69ページであります。
 質疑はありませんか。
 大山政司議員。
○大山政司君  これは条例の制定についてでございますが、市立病院に関連して具体的な予算については今議会で提起されていますので、関連になるかと思いますが、議長、発言を許していただきたいと思います。
○議長(上田浩志君)  休憩します。


   午前10時10分 休憩
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   午前10時12分 再開


○議長(上田浩志君)  再開いたします。
 大山政司議員。
○大山政司君  理事者にお伺いします。
 今言ったように、6月14日の地方紙に「男児手術で細菌感染」と、市立八幡浜総合病院を提訴ということになってるんですが、具体的にどういう経過でこういうことになったのか、お知らせ願いたいと思います。
 もう一点あるんですが、今市立病院を建てかえておるわけなんですが、市民から、市民の厚意で日本画が寄贈されて、旧の病院にはあちこちに掲げてあったんですが、新しい病院でこれが一つも現在は見えんのですが、今後どうされるのか。
 この2点についてお尋ねします。
○議長(上田浩志君)  副市長。
○副市長(橋本顯治君)  それでは、お答えをします。
 6月14日の愛媛新聞に市立八幡浜総合病院を提訴ということで、これは原告側の訴状に基づいた記事の紹介がありました。率直に言いまして、この感染症と、それから手術が原因で左腕が曲がって変形しているというふうなことが、二つが主な主張やと思うんですけれども、これにつきましては、病院側自身は病院としての意見があるんで、これから裁判の中で病院としての主張をしていきたいと思います。内容が手術とか感染症とか専門的になりますので、基本的に病院のほうで専門の弁護士を雇ってそれなりの主張をしていきたい。
 ただ、できれば最終的には、原告も被告もある程度主張をした後で、納得ができるような、そういう方向で持っていければお互いうまくいくのかなと思いますので、弁護士とも相談しながらこれからやっていきたいと思います。
 委員会のほうでまた病院のほうからも報告をさせていただきたいと思います。
○議長(上田浩志君)  市立病院事務局長。
○市立病院事務局長(菊池司郎君)  旧の病院に掲げておりました絵画等の御質問ですけれども、その絵画は今13点ございます。そして、ことし9月に全ての建物が完成しますので、この13点は現在は倉庫に保管をしております。それで、全部の建物ができましたときに、ふさわしい場所に掲げたいと思って、保存しておりますが、全て掲げるかどうかについては、教育委員会の学芸員とも今見ていただいて相談をしておるところでございます。
 以上でございます。
○議長(上田浩志君)  大山政司議員。
○大山政司君  手術の関係ですが、これ実際に手術が行われたのは2012年と4年も前のことに対して、こういう手術を受けた人から異議なり、病院に対して申し出があったことに対して今日まで何ら経過説明もないわけなんですが、こういう大事なことを委員会とか議員に対して周知なり説明がなされなかった理由は何ですか。
○議長(上田浩志君)  副市長。
○副市長(橋本顯治君)  病院の治療に関しては、最近の傾向として割かし訴訟がふえているというのは全国的に言えると思います。市立病院の治療自身も、納得されない方がいたりしたら、その都度クレームがあったり、対応してきています。それらを全て議会に報告するわけではありません。たまたま今回、この方が訴訟にまで行ったということなんで、それはどういうタイミングでということになるんですけれども、基本的に訴訟にならない限り、個人のプライバシーと関係してきますので、どの点で御報告すべきかどうかということについては、また病院のほうで適切な判断をさせていただきたいと思います。
○議長(上田浩志君)  大山政司議員。
○大山政司君  3回目ですから、最後ですが、いつ提訴をされたんですか。
○議長(上田浩志君)  市立病院事務局長。
○市立病院事務局長(菊池司郎君)  平成28年6月5日、先週でございます。
○議長(上田浩志君)  ほかございませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  次、議案第56号 市立八幡浜総合病院職員定数条例の一部を改正する条例の制定について、議案書71ページであります。
 質疑はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  次、議案第57号 平成28年度八幡浜市一般会計補正予算(第1号)第1条のうち、まず歳出の2款総務費、3款民生費、99ページから105ページであります。
 質疑はありませんか。
 遠藤素子議員。
○遠藤素子君  100ページ、防災対策費、説明書を見ますと、いろいろな自主防災組織にいろんな用具などを整備をされるということで、これは結構なことなんですが、私、先日、ある方から、ひとり暮らしの高齢者の方が地震が来た場合に家具が転倒したりすることでけがをしたり、命を失ったりということで、家具を固定することをしなさいという指導があると思うんですけど、高齢者がひとり暮らしですとそれがなかなかできない、だから市として順繰りに回っていってほしいというふうな要望があったんですけども、この用具をそろえるということだけでなしに、できれば自主防災組織の中でそういう地域をあそこ一人でできてるかなというふうなことで手をかせるとか、そういうふうなことも自主防災組織の中で検討をお願いできないかということで質問させていただきました。自主防災組織の全体の会があると思うんですが、その辺で何とかできないでしょうか。例えばワンコインで引き受けるというふうなことでもいいと思うんですが、お願いします。
○議長(上田浩志君)  関連ではありますけども、答弁できますか。
 総務課長。
○総務課長(舛田昭彦君)  定期的に自主防災会の会議を開いておりますので、そういうお話があったことをその会議の中で伝えて、どうするか、また話をしてみたいと思います。
 以上です。
○議長(上田浩志君)  ほかございませんか。

 

(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  次、6款農林水産業費、7款商工費、8款土木費、106ページから113ページまでであります。
 質疑はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  次、10款教育費等、114ページから126ページまでであります。
 質疑はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  次、第2条債務負担行為の補正、第3条地方債の補正並びに歳入の全部、79ページから98ページまでであります。
 質疑はありませんか。
 石崎久次議員。
○石崎久次君  歳入のうち市債、97ページ、98ページです。今回の補正で市債の総額が28億2,840万円となっております。この中で、いろんな有利な起債があると思うんですが、当市が実際負担する金額は幾らになるのか。また、近年、昨年の償還金がたしか21億円ぐらいだったと思うんですけれど、そのうち本当に負担が幾らなのか。結局市民の負担がどんどんふえてきているように思うんで、その辺の数字できちっとあらわしていただきたいと思います。
○議長(上田浩志君)  副市長。
○副市長(橋本顯治君)  今すぐに数字は財政課長も出せないと思います。
 ただ、市としては戻りの多い過疎債、それから辺地債、それから合併特例債をやってますので、これら中心にやってることからいえば、私の概算というかおおむねの見当ですけれども、6割ぐらいは国から返ってる程度かなと思いますけれども、正確には今の段階でちょっとお答えすることはできません。
○議長(上田浩志君)  財政課長。
○財政課長(藤堂耕治君)  全てお答えできないかもしれませんが、わかる範囲で答弁をさせていただきたいと思います。
 28年度の6月補正時点なんで、予算上の話にはなってまいりますが、今年度の一般会計の市債借り入れが28億2,840万円、これ起債の借り入れです。いつも申し上げておりますように、起債の借入額を当該年度の元金償還額以内に抑えるように、そういう方針で努力をしておりますけれども、今年度公債費のうち、元金の償還が22億590万7,000円ですので、6月補正予算時点での話にはなりますけれども、単純に差し引きをしますと6億2,249万3,000円、この部分の起債残高がふえるということになります。
 しかしながら、市債の借り入れ、先ほど申し上げました28億2,840万円の中には、実質的な意味で交付税と言われております臨時財政対策債、これは議員御承知のとおり国が地方自治体に交付する地方交付税の財源が足りないため、自治体に起債を発行させて、そのかわりその元利償還金については国が地方交付税で全額手当てをするというものでございますので、実質的には交付税的な性格を有するものでございます、それが5億2,000万円含まれておりますので、それを差し引けば23億840万円となりますので1億249万3,000円、約1億円の増というのが実情でございます。
 それと、本年度は非常に投資的事業が多いということで、議員にも御心配をいただいているのではないかというふうに理解をしておりますが、6月補正後の予算で普通建設事業が、一般会計ですけど、38億7,028万2,000円でございます。その財源としましては、国県補助金が12億297万円で、全体の約31.1%、起債が20億7,150万円で53.5%、一般財源が4億5,978万5,000円で11.9%となりますので、市の持ち出しとしては、合わせて25億3,128万5,000円、65.4%となります。
 しかしながら、起債のほとんどは、先ほど議員からありましたように過疎債、合併特例債などの優良債なので、交付税措置されるものを差し引きますと、実質的な市の負担は11億967万5,000円と全体の財源構成でいえば28.7%となります。
 以上です。
○議長(上田浩志君)  石崎久次議員。
○石崎久次君  いろいろ数字を並べていただいて、ありがとうございました。
 わかったようでわからんようなもんなんだけど、我々が思うのは、将来に子供たちに負担をできるだけ少なく、ただし必要なもんは必要でしていかないかん、これはわかるんです。
 ただ、我々の中でこういう市債とか何か、起債もありますね、市債の中には起債が当然入ってるわけですけれど、年々どうなっているかという数字が、結局貯金と借金と、こういうのがやっぱり全体像じゃなくって、八幡浜市独自で幾ら借金がふえよるのか、逆に減りよるのか、あるいは貯金というか積立金、そういうのがどれだけふえてるのか、減ってるのか、これがきちっとわかるような、そういう明細を出していただければ、我々の中でもいろんな議案に対して、ここはちょっとあれじゃないかとかという問題が出てくると思うんですよ。そういうのが、私総務委員会に入ってませんので、そういう資料を求めることもなかなか難しいので、できましたらこの機会にそういう書類というかきちっとした資料をいただければと思います。いかがでしょう。
○議長(上田浩志君)  副市長。
○副市長(橋本顯治君)  今石崎議員が言われたことは、私もずっと財政課とこれまで副市長就任以来、話してきたところです。例えば有利な起債、いろいろ借ります。6割、7割、後で交付税回しがあります。じゃあ、本当に残りの3割とか25%を全部足したら何ぼになるんかと、それが今石崎議員が言われた将来の負担ということと一致すると思います。
 それで、中・長期の財政計画の中では、実際にどのくらい交付税の戻りが入ってきて、それに対して残りどのくらいを一般会計で手当てしてみたいなことの計算はしてますので、今ちょっと数字は出ませんけれども、また後で資料でお示しさせていただいたらと思います。
○議長(上田浩志君)  ほかございませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  次、議案第58号 平成28年度八幡浜市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)、議案書127ページから137ページであります。
 質疑はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  次、議案第59号 平成28年度八幡浜市介護保険特別会計補正予算(第1号)、議案書139ページから156ページであります。
 質疑はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  次、議案第60号 平成28年度八幡浜市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)、議案書157ページから173ページであります。
 質疑はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  次、議案第61号 愛宕中学校第2校舎大規模改修建築主体工事請負契約の締結について。
 質疑はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  これをもって質疑を終結いたします。
 ただいま議題となっております13件については、お手元に配付してあります議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(上田浩志君)  日程第8 請願第35号 「安保法」の廃止を求める意見書提出についての請願ないし請願第38号 政府に対して「熊本地震を受けて伊方3号機の再審査を行うこと」を求める意見書採択を求める請願書、以上4件を一括議題といたします。
 ただいま議題となっております請願4件については、お手元に配付しております請願文書表のとおり、総務委員会に付託いたします。
 お諮りいたします。
 議事の都合により、明16日から20日までの5日間は休会いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  御異議なしと認めます。よって、明16日から20日までの5日間は休会することに決しました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(上田浩志君)  これにて本日の会議を閉じます。
 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
 明16日から20日までの5日間は休会であります。
 本日及びこの休会中に各常任委員会を開き、先ほど付託いたしました案件の審査を行うことになっております。
 各常任委員会の開催日時と場所をお知らせいたします。
 総務委員会は本日15日午前10時50分から、民生文教委員会は16日午前10時から、産業建設委員会は17日午前10時から、開催場所は全て第1委員会室で開催いたします。
 21日は午前10時から会議を開き、委員長報告、報告に対する質疑、討論、採決を行うことになっております。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(上田浩志君)  本日はこれにて散会いたします。


   午前10時30分 散会