平成28年八幡浜市議会11月臨時会会議録第1号

2017年1月11日

 

議事日程 第1号
 平成28年11月16日(水) 午前10時開議
第1
 会議録署名議員の指名
第2
 会期の決定
第3
 議案第82号 宮内地区公民館新築建築主体工事請負契約の締結について
  (提出者の説明、質疑、討論、採決)


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


本日の会議に付した事件
日程第1
 会議録署名議員の指名
日程第2
 会期の決定
日程第3
 議案第82号


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


出席議員(16名)       
  1番  西 山 一 規  君
  2番  佐々木 加代子  君
  3番  竹 内 秀 明  君
  4番  岩 渕 治 樹  君
  5番  平 家 恭 治  君
  6番  河 野 裕 保  君
  7番  石 崎 久 次  君

  8番  樋 田   都  君
  9番  新 宮 康 史  君
 10番  上 田 浩 志  君
 11番  井 上 和 浩  君
 12番  遠 藤 素 子  君
 13番  宮 本 明 裕  君
 14番  山 本 儀 夫  君
 15番  大 山 政 司  君
 16番  萩 森 良 房  君


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


欠席議員(なし)


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


説明のため出席した者の職氏名

 市長     大 城 一 郎 君 

 副市長    橋 本 顯 治 君

 総務企画部長 新 田 幸 一 君

 市民福祉部長 若 宮 髙 治 君

 総務課長   舛 田 昭 彦 君

 財政課長   藤 堂 耕 治 君

 建設課長   宮 下 研 作 君

 教育長    井 上   靖 君

 学校教育課長 萩 森 喜 廣 君

 生涯学習課長 河 野 謙 二 君


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


会議に出席した議会事務局職員
 事務局長       菊 池 和 弥 君 

 事務局次長兼議事係長 田 本 憲一郎 君 

 調査係長       松 本 克 之 君

 書記         堀 口 貴 史 君


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   午前10時00分 開会       


○議長(上田浩志君)  皆さん、おはようございます。
 ただいまより平成28年第5回八幡浜市議会臨時会を開会いたします。
 市長から今議会招集の挨拶があります。
 市長。


〔市長 大城一郎君登壇〕


○市長(大城一郎君)  開会に当たりまして一言御挨拶を申し上げます。
 本日、平成28年第5回市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、御多忙のところ御参集賜り、厚くお礼を申し上げます。
 さて、本臨時会におきましては、宮内地区公民館新築建築主体工事請負契約の締結についての1議案について御審議をいただくものでございます。
 議案の内容につきましては、後ほど御説明いたしますが、何とぞ慎重審議賜りまして、御賛同いただきますようお願い申し上げます。
 以上、申し述べまして、招集の御挨拶といたします。
○議長(上田浩志君)  議長において、この際、諸般の報告を行います。
 9月定例会閉会後における諸般の報告については、お手元に配付しております報告書をもってこれにかえます。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(上田浩志君)  これより本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付してあるとおりであります。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(上田浩志君)  日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、議長において5番 平家恭治議員、14番 山本儀夫議員を指名いたします。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(上田浩志君)  日程第2 会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。
 今期臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 

(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  御異議なしと認め、よって、会期は本日1日と決定いたしました。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(上田浩志君)  日程第3 議案第82号 宮内地区公民館新築建築主体工事請負契約の締結についてを議題といたします。
 提出者の説明を求めます。
 総務企画部長。
○総務企画部長(新田幸一君)  議案書をお願いいたします。
 議案第82号 宮内地区公民館新築建築主体工事請負契約の締結について御説明をいたします。
 本件につきましては、去る9月議会にその契約議案を上程したところでありますが、落札率の高さ、契約の相手方となる落札業者の過去の工事における地元企業への下請率の低さ、当該業者の施工能力に疑義があるなどの理由により、原案否決となったところであります。
 市では、これらの議会の御意見を真摯に受けとめ、当該工事の設計変更、入札参加資格設定の見直しを図った上で、再度公告を行い、11月9日に一般競争入札を執行した結果、1億7,906万4,000円で八幡浜市古町二丁目1番15号、小西建設株式会社が落札をしましたので、地方自治法第96条第1項第5号の規定により議会の議決を求めるものです。
 本日、別紙でお配りをしております参考資料の1ページをお願いをいたします。
 まず最初に、9月議会の議決結果を受け、市で見直しを図った内容につきましては、10月18日開催の市議会協議会で説明させていただきましたが、改めて御説明をさせていただきます。
 1の設計変更につきましては、前回の入札において予定価格、調査基準価格を公表していることから、一部設計内容の見直しを行っているもので、公民館西側の隣接地との境界に設置するフェンスについて、基礎部分を擁壁に変更したことなどにより、予定価格、設計金額となりますけれども、これが前回より55万2,000円増額となっております。
 次に、2点目の入札参加資格設定の見直しについて御説明いたします。
 ①の格付等級の見直しとして、競争性を高めるため、入札参加資格要件を緩和し、特定建設業許可を持つ市内建築B等級を加えることとした結果、今回株式会社河野工務店から申請があったものです。
 次の②資格設定の追加につきましては、まず(1)の前回の落札業者である株式会社大任建設より、再入札については入札参加を辞退したい旨の申し出がありましたので、本工事の入札に係る公告日の前日において、本件入札について辞退の意思を書面にて提出したものでないことを規定に追加したものです。
 (2)は下請発注について、工事の一部を下請負人に請け負わせて施工するときは、市内に主たる事務所を有する者を優先することを改めて追加したものです。
 (3)は地元企業に1次下請として発注する総額と自社施工分の総額の合計額が最終契約金額の50%以上となることをあらかじめ確約できるものという条件を新たに追加し、工事完成後の実績でこの条件を満たさなかった場合には、最終契約金額の5%の違約金を徴収することとしたものです。
 続きまして、2ページをお願いいたします。
 一般競争入札結果調書となりますが、市内建築A等級からは、株式会社大任建設の辞退により、堀田建設株式会社及び小西建設株式会社の2社より、市内建築B等級からは、株式会社河野工務店より申請があり、3社で入札した結果、予定価格税抜き1億7,293万8,000円に対し、落札価格1億6,580万円で小西建設株式会社が落札したもので、落札率は95.9%となっております。
 なお、3ページに工事概要を、4ページに平面図、5ページにイメージパースを添付をしております。
 3ページを見ていただきたいと思います。
 3ページの3番目、工事期間につきましては、平成29年3月31日までとしておりますが、これはまだ明許繰り越し等の手続を経ていないためこのようにしておりますが、実際には着工から完成まで6から7カ月が必要ですので、完成は来年の5月末から6月末くらいになるものと考えております。
 最後に、宮内地区に専用の公民館を整備することは、合併時からの懸案事項であり、地域住民の期待も大きいことから、できるだけ早く完成させたいと考えておりますので、御審議のほどよろしくお願いいたします。
 説明は以上でございます。
○議長(上田浩志君)  これより質疑に入ります。
 質疑はありませんか。
 石崎久次議員。
○石崎久次君  まず1点目、今回増額したという内容が、境界のフェンスの基礎を擁壁にしたということなんですが、強度的なものとかそういうものがあってどうしても擁壁にしなくちゃならないのか。入札するのにただ変更を何かせないかんからそういうことでしたのか。無駄なことで増額する必要はないわけですから、ただの境界だけであれば普通の基礎でいいわけなんですね。ですから、そういうことに対しての質問と、もう一点、この中に資格設定の追加というところの3番目、1次下請の50%というのがあるんですけれど、1次下請を依頼した場合50%でも、その2次下請に回したときに、ほとんどが市外の業者という可能性もあるわけです。そういうところのチェックに対してはどれほど考えられているのか。例えば1次下請の中から出てきた者の2次に行ったかで、下請業者がやっぱり2次下請も八幡浜市内ですよというのが何%以上なければいけないのか、そういうことが一番大事なんであって、1次下請が八幡浜市の業者、ただ請負業者だけでやって、ほとんどそのあとが全部市外業者であれば何の意味もないんで、その辺の明細がこれには書かれていないので、その点2点質問いたします。
○議長(上田浩志君)  副市長。
○副市長(橋本顯治君)  最初の増額理由で、コンクリートの擁壁にフェンスの基礎を変更する必要があったのかどうかという御質問ですけれども、まずは前段として、全く同額で入札をすることはできません。予定価格とそれから調査基準価格がオープンになってますので、そのためには何らかの形で設計変更する必要があります。
 実際に増額するのにここがふさわしいということでやったんですけれども、施工の中で必要がないという状況であれば、また実際に最終の設計にあわせて見直しをしたいと思います。
 それから、もう一つは2次下請の問題が出ました。今回は議会でも御指摘いただいて、1次下請をまず見ようということで、そこまで文章で明文化したんで、一つの達成かなという気はするんですけども、今の御指摘あった点、実際に2次下請にどうなるのかというのは、業者からまた書類徴するなどしてその様子をまた検討してみたいと思います。
○議長(上田浩志君)  石崎久次議員。
○石崎久次君  もう一点、外部仕上げの中で外壁、防水型複合塗材とありますけど、どんなものを使用しようとされているのかお伺いしたい。
○議長(上田浩志君)  建設課長。
○建設課長(宮下研作君)  済みません、詳細ちょっと今現在わかりませんので……。


   (「わからんもん採決なんかできるか」「ちょっと休憩とって」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  休憩いたします。


   午前10時12分 休憩
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   午前10時16分 再開


○議長(上田浩志君)  再開いたします。
 建設課長。
○建設課長(宮下研作君)  ただいまの質問なんですが、吹きつけタイルと言われる合成樹脂材を吹きつけまして表面凹凸をつけて仕上げるものになります。
○議長(上田浩志君)  石崎久次議員。
○石崎久次君  吹きつけの内容はわかるんです。その下地材、今の例えば給食センターでやっているようにALCであるのかコンクリートであるのか、そういうところの外壁をお伺いしているわけなんです。
 塗装に関してはすぐわかるんですけど、その下地材が何かということを聞きたいんですよ。
○議長(上田浩志君)  建設課長。
○建設課長(宮下研作君)  建物自体RC構造なので、下地はコンクリートになっています。
○議長(上田浩志君)  ほかございませんか。
 遠藤素子議員。
○遠藤素子君  資格設定の追加の3番で、50%以上となることを確約できるということは、この工事に関してだけなんでしょうか。今後こういうことがずっと踏襲されるということなんでしょうか。
○議長(上田浩志君)  副市長。
○副市長(橋本顯治君)  ただいまの質問ですけども、そもそも工事の契約書の仕様書の中で地元業者を優先することというのは必ず入れておりまして、今回御指摘いただいたように、そういう状況でなかったということから、この工事についてだけ特別にこういう項目を入れました。
 それで、これから先、常識的には50%以上になるべきかなという思いはありますので、そんなところチェックしていきたいんですけれども、全ての工事についてこの項目を入れるべきかどうかについては、少し今回の様子を見て判断をさせていただけたらと思います。
 ただ、念のため申し上げますけども、地元業者を優先することということはずっと特別仕様書には入れておりますので、そのことは御理解いただきたいと思います。
○議長(上田浩志君)  遠藤素子議員。
○遠藤素子君  近隣の市町では、多分決まってるようです。何%以上はということ。だから、可能な工事に関してはやっぱり少なくとも50%というのは守られるほうがいいと思いますので、そういうふうにお願いしたいと思います。
○議長(上田浩志君)  副市長。
○副市長(橋本顯治君)  申しわけありません。この第3号のこの条件は、八幡浜市として例外的で、近隣市町の中でも例外的であるという認識を私持っておりましたので、今のお話ですと、近隣市町の中でもこういうのがあるというお話でしたので、その辺踏まえてちょっと調査させていただいて、また最初の答えと一緒に検討させていただきたいと思います。
○議長(上田浩志君)  ほかございませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第82号については、委員会付託を省略し、直ちに討論、採決に入りたいと思います。これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  御異議なしと認め、よって、議案第82号については、委員会付託を省略し、直ちに討論、採決に入ることに決しました。
 これより討論に入ります。
 討論はありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(上田浩志君)  これをもって討論を終結いたします。
 これより議案第82号を採決いたします。
 本件は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(上田浩志君)  御着席願います。
 起立全員であります。よって、議案第82号は原案のとおり可決されました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(上田浩志君)  これにて本日の会議を閉じます。
 閉会に当たり、市長から挨拶があります。
 市長。


〔市長 大城一郎君登壇〕


○市長(大城一郎君)  閉会に当たりまして一言御挨拶を申し上げます。
 本臨時会で御提案いたしました議案に対しまして、適切なる御決定をいただきありがとうございました。
 さて、本年3月26日に八幡浜みなっとでオープニングイベントを開催いたしましたえひめいやしの南予博2016も、今週末をもちましていよいよフィナーレを迎えることとなります。
 先日開催をいたしました第3回八幡浜産業まつりにつきましても、南予博の地域企画イベントとして大々的に開催し、九州の大分市、臼杵市、津久見市、由布市、そして別府市からも御参加をいただき、約1万3,000人の方に御来場をいただいたところであります。
 当市といたしましても、南予博を通じて八幡浜市をPRしてきましたが、大事なのは南予博の終了後であり、南予博の成果、効果を検証し、これまで実施してきた取り組みを今後のまちづくりに生かしていきたいと考えております。
 結びに、来月は定例会も控えておりますので、議員各位におかれましては、大変お忙しい日々が続くことと存じますが、健康には十分御留意をされ、ますます御活躍されるようお願い申し上げまして閉会の御挨拶といたします。どうもありがとうございました。
○議長(上田浩志君)  以上をもって今議会の日程は全部終了いたしました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(上田浩志君)  これをもって平成28年第5回八幡浜市議会臨時会を閉会いたします。


   午前10時22分 閉会