平成29年度「八幡浜市地域おこし協力隊」を募集します!

2017年1月12日

 八幡浜市では、平成29年4月1日から活動できる地域おこし協力隊員を募集しています。

 

01.jpg 02.jpg

 

 愛媛県八幡浜市は平成17年に八幡浜市と保内町とが合併してできた市で、四国の最西端、佐田岬半島の基部に位置し、北に瀬戸内海、西に宇和海を臨む自然豊かでコンパクトなまちです。八幡浜市には九州と結ぶフェリー航路もあり、県庁所在地である松山市から車で約1時間(高速利用)の立地にあり、「新たな国土軸」となることが期待されている「大洲・八幡浜自動車道」の完成による新たな交流人口の増加を目指しています。八幡浜港に平成25年に整備した道の駅「みなっと」は、オープンから3年連続で年間100万人を超える来場者を達成しており、八幡浜市を代表する施設となっています。しかし、その一方で、他の地方都市と同じく、高校卒業後に就職や進学で都市圏へ若者が流出し、少子高齢化による人口減少が加速しています。

 そこで、意欲のある地域外からの人材を積極的に受入れ、新たな視点・発想により八幡浜市の地域資源等の魅力を再発見し、八幡浜市の全国的な知名度、認知度を向上させる活動を行うとともに、八幡浜市を盛り上げてくれるための地域おこし協力隊を募集します。

 八幡浜市での地域おこし活動に興味のある方、将来、八幡浜市で定住し、就農・就業・起業する思いを持った意欲のある方の応募をお待ちしております。

 

 現在、4名の地域おこし協力隊が、「日土東地区(中山間地域)」「大島地区(離島地域)」「シーフードセンター八幡浜(水産振興)」で活動しています。

 

 03.jpg  04.jpg

 

 

【位置図】

  八幡浜市位置図     

 

(東京) 羽田空港から松山空港 1時間20分
(大阪) 伊丹空港から松山空港 50分

                                                        

(松山から八幡浜) JR 45分
自動車 1時間(高速利用)

 

05.png

 

1 募集人員

地域おこし協力隊員 3名

 

(1) 磯津地区(地域フリーミッション型)・・・1名

(2) 移住・定住の促進に係る支援活動・・・1名

(3) サイクルスポーツ(マウンテンバイク)の推進・・・1名

 

2 主な業務(活動内容)  

(1) 磯津地区(地域フリーミッション型)・・・1名

①地域の課題について、地域の人たちと一緒に取り組む活動

②地域資源の発掘及び地域資源を活用した地域振興に関する活動

③農林水産業の振興に関する活動

④地域行事や地域資源の情報発信

⑤その他、地域の活性化に関する活動など

※活動内容は、就任後隊員と協議し決定します。

 

(2) 移住・定住の促進に係る支援活動・・・1名

① 空き家バンクの構築、運営のサポート

② 移住者の就労支援

③ 移住希望者への情報発信

④ 移住・田舎暮らし相談会等への参加

⑤ お試し居住の運営サポート

⑥ 定住につながる施策の検討など

※活動内容は、就任後隊員と協議し決定します。

 

(3) サイクルスポーツ(マウンテンバイク)の推進・・・1名

① やわたはま国際MTBレースの準備、当日の運営業務

② コースの維持、補修

③ マウンテンバイクの普及活動

④ 東京オリンピック事前キャンプ候補地としての誘致活動

⑤ 情報の発信など

※活動内容は、就任後隊員と協議し決定します。

 

3 募集対象

(1)平成29年4月1日現在で年齢が、満20歳以上の方(性別は問いません)

(2)三大都市圏をはじめとする都市地域、または地方都市(過疎法、山村振興法、離島振興法、半島振興法に指定された条件不利地域以外の地域)に住所を有し、採用後八幡浜市の活動地域に生活の拠点を移し、住民票を異動できる方(Uターン等も可能)

(3)任期終了後は、八幡浜市で起業また就職等により定住する意思がある方

(4)心身ともに健康である方

(5)普通自動車運転免許を有し、実際に運転が可能な方。

(6)地域住民とともに地域活性化に取り組み、地域を元気にする意欲のある方

(7)土日及び祝日の行事参加や夜間の会など、不規則な勤務に対応できる方

(8)パソコンを使用できる方

※上記の「三大都市圏をはじめとする都市地域等」とは、埼玉県、千葉県、東京都、神 奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県及び奈良県並びに札幌市、仙台市、新潟市、静岡市、浜松市、岡山市、広島市、北九州市、福岡市及び熊本市のうち、過疎地域自立促進特別措置法、山村振興法、離島振興法及び半島振興法に指定された地域以外の地域並びに法指定地域以外の都市を言います。

※対象地域については総務省の地域おこし協力隊の地域用件をご確認ください。

 

4 活動地域及び活動内容  

(1)八幡浜市磯津(いそつ)地区(中山間地域1名)・・・磯津地区は、市中心部から北に9kmに位置し、旧保内町の磯崎(いさき)、喜木津(ききつ)、広早(ひろはや)の3つの地区で構成されています。人口は約560人。高齢化率は50%を超えており、近年は空き家や放棄された畑地が目立つような状況です。江戸時代には磯崎地区は宇和島藩、喜木津地区は吉田藩の海上交通の拠点として栄えた歴史があり、シーボルトに師事した医学者『二宮敬作』生誕の地でもあります。自然豊かな海岸と、瀬戸内海特有の穏やかな海は海水浴場に適しており、地元の若手グループが「海の家」で地域おこしに取り組んでいます。このような豊かな自然を生かしたレジャーの提案や、残すべき歴史を紐解き発信し、交流人口の増加や空き家を活用した移住の促進について活動していただく方を募集します。

<勤務場所>磯崎地区(磯津地区、喜木津地区、広早地区)

 

06.png 07.png

 

08.jpg 09.jpg

 

(2)移住・定住の促進に係る支援活動(1名)・・・八幡浜市の人口は、1950年の72,882人をピークに概ね半減し、近年は毎年約600人のペースで減少しています。移住・定住への取り組みについては、「八幡浜市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の基本目標の一つであり、移住者の確保は、今後、当市が積極的に取り組むべき課題です。八幡浜市では、平成29年度より、移住ポータルサイトの開設や、空き家バンクの体制整備を行い、移住希望者のための「お試し住宅」の設置を予定しています。今後は、具体的な移住希望者の受入れ体制の整備に取り組むとともに、市民に対しても人口減少による地域活力の低下について警鐘を鳴らし、移住・定住に対する市民の意識醸成にも取り組むこととしています。ヨソモノ目線で冷静に八幡浜市の良いところや悪いところを見つけていただき、一緒に移住者の呼び込みをサポートしていただく方を募集します。

<勤務場所>八幡浜市役所 八幡浜庁舎 政策推進課内 地図

 

10.jpg 11.png

 

(3)サイクルスポーツの推進(1名)・・・八幡浜市では、山がちな地理的特性を生かし、2002年にJCF(日本自転車競技連盟)認定のマウンテンバイクコースを整備し、マウンテンバイククロスカントリー競技大会を開催しています。第1回目となるJ2大会の開催から今日までの間、国際大会へと昇格するなど着実に経験と実績を積み上げ、2004年に開催されたアテネオリンピック以降、日本代表選手を決める選考レースにも採用されています。今年のリオデジャネイロオリンピックについても選考レースとなっており、2020年の東京オリンピックにおいても選考レースとなることを目指しており、また、事前キャンプ地として、海外のナショナルチームの誘致にも取り組んでいます。そのほか、地域の子ども達を対象としたマウンテンバイクの普及活動や安全運転教育にも取り組むこととしており、サイクルスポーツを通じた地域振興を図りたいと考えています。マウンテンバイクが好きで、八幡浜市をマウンテンバイクの聖地として盛り上げてくれる方を募集します。     

<勤務場所>八幡浜市役所 保内庁舎 生涯学習課内、八幡浜市民スポーツパーク 地図

 

2-1.jpg 2-2.jpg

 

2-3.jpg 2-4.jpg

 

5 活動時間  

(1)勤務日は、原則として月曜日から金曜日とします。

(2)勤務時間は、原則として午前8時30分~午後5時15分とします。

※休日等の時間外勤務は、原則代休対応とします。

 

6 任用形態及び期間  

(1)八幡浜市の嘱託職員として八幡浜市長が委嘱します。

(2)期間は委嘱の日から1年間とします。ただし、更新により、最長3年間勤務することができます。

(3)平成30年4月1日以降の委嘱については、双方協議の上決定します。

 

7 報酬   

月額180,000円   

※賞与等の支給はありません。

 

8 待遇・福利厚生  

(1)休暇日で業務に支障がなければ、兼業を認めます。

(2)社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険)に加入します。

(3)活動中の住居については市が無償貸与します。(光熱水費は個人負担)

(4)活動に使用する公用車やパソコンは、市が無償貸与します。

(5)その他活動に要する経費(消耗品費、研修会参加費等)については、隊員と協議のうえ、予算の範囲内で市が負担します。

(6)赴任旅費等手当(上限100,000円)を支給します。

 

9 申込受付期間   

随時受付を行います。ただし、採用が決定次第申込受付を終了します。(市ホームページ等で報告します。)     

※郵送もしくはメールで受付けます。なお、提出いただいた書類は返却いたしません。

 

10 応募手続き   

(1)提出書類

①応募用紙(下記よりダウンロードしてください。)

②履歴書(市販のもので可。写真添付))

 ※簡単な応募動機や特技などを記載すること(別紙可)

③レポート(市ホームページよりダウンロードしてください。パソコンでの作成可)テーマ「八幡浜市で地域おこし協力隊員として、できること、やりたいこと」について、1,000文字程度で作成してください。   

 

(2)申し込み・問い合わせ先

〒796-8501愛媛県八幡浜市北浜一丁目1番1号

八幡浜市役所 総務企画部 政策推進課 地域づくり支援係 河野

電話 0894-22-3111 FAX 0894-24-0610

E-mail kouno-yuuki@city.yawatahama.ehime.jp

 

11 選考   

(1)第1次選考(書類選考)

 書類選考の上、結果を文書にて応募者全員に通知します。

 

(2)第2次選考(個人面接)

 第1次選考合格者を対象に、随時八幡浜市役所にて第2次選考を行います。

 日程等詳細については、第1次選考結果通知の際にお知らせします。

 ※第2次選考試験に要する交通費等の経費は、市が上限20,000円まで負担します。

 

(3)最終選考結果の報告

 最終選考の結果報告は、文書にて全員に通知します。

 

<関連資料>

※ 磯津地区の概要(準備中)

※ 八幡浜市の取り組む移住定住施策の概要(準備中)

※ 八幡浜市のマウンテンバイク施策について(準備中)

 

<関連書類>

※ 地域おこし協力隊募集要項

※ 地域おこし協力隊応募用紙

 

<関連リンク(八幡浜市関係)>

※ 八幡浜市地域おこし協力隊(市公式)

 https://www.facebook.com/yawatahama.chiikiokoshi/

 

※ 八幡浜MTB実行委員会(市公式)

 https://www.facebook.com/city.yawatahama.MTB

 

※ 浜辺のDEN(磯津地区の市民団体)

 https://www.facebook.com/hamabenoden/

 

<関連リンク(JOIN・総務省)>

※ 地域おこし協力隊(JOIN)

 http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/

 

※ 地域おこし協力隊(総務省)

 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/02gyosei08_03000066.html

お問い合わせ

政策推進課
地域づくり支援係
電話:0894-22-3111
ファクシミリ:0894-24-0610