市民提案型まちづくり事業補助金の申請受付を開始しました

2017年3月3日

01.png ボランティアグループや地域の自治会などが、自ら考え、市民のために魅力あるまちづくりの実現を目指す活動で、審査会においてふさわしいと認められた事業に対し、事業に要する経費の一部を補助金として助成する制度です。

 

 

 

 

 

 

1 事業スケジュール

事業実施の前年度の3月に事業の募集をします。申請後の4月に実施する選考審査会で事業が採択されると、交付決定後から事業に着手可能となります。

•事業に関する相談は、随時受け付けています。

 

◆事業フローチャート図

02.jpg

 

2 補助対象者

市内に活動の場を有する市民団体、NPOなどで各号に掲げるいずれかに該当する団体とします。

1.地域づくり事業を実施する非営利活動法人、地域づくり団体、ボランティア団体、実行委員会、協議会等

2.文化協会、体育協会等の文化スポーツ団体

3.地域の自治会、町内会等のコミュニティ団体

4.商工会議所、商工会、農業協同組合、森林組合、漁業協同組合等の産業経済団体

5.その他市長が適当と認めるもの

 

3 補助対象事業

補助対象となる事業は、市の活性化に寄与すると認められ、かつ市民の主体的な企画、運営及び参加が図られるものであり、新規性を持ち合わせた次のような事業です。

1.地域の課題解決や一体的発展のために取り組む事業

2.地域の特産を活かした地域ブランド開発事業

3.地域の特色を活かしたイベント開催事業

4.市民生活を支援する事業

5.その他、市政に有効であると市長が特に認める事業

 

なお、「新規性」の定義としては、全く新しく取り組むものに限定している訳ではありません。今まで実施していた事業の内容を拡充したり、改善したりする事業も対象としますが、以下の要件を満たす必要があります。

 

1.同一の事業に市の財源による他の補助金等を受けていないもの。

2.ソフト事業を基本とするもの。

3.当該年度(3月末日まで)の間に実施・完了するもの。

 

なお、団体の組織自体を維持するために必要な、経常的な運営費に対する経費(事務局費など)や単なる施設整備事業、施設の運営、維持管理事業、地区住民の交流行事等親睦会的な事業などは対象事業となりません。また、入場料、売上金、参加費等当該事業に係る収入がある場合、その金額は差し引くこととします。

 

4 補助対象経費

別紙

 

5 補助率及び補助金額

総事業費のうち補助対象経費の10分の8以内を補助します。ただし、1事業について原則30万円を上限とします。なお、同一団体における同一事業への補助金の交付は年度内外を問わずいたしません。

 

6 受付期間

平成29年3月1日(水)~ 3月31日(金)※土・日・祝祭日を除く

午前8時30分~午後5時15分までに市役所政策推進課へご持参ください。

 

7 審査方法

1.予備審査

必要要件の不備がないかなどの形式審査を行います。

要件を満たしていない場合は、次の本審査に進めません。

 

2.本審査

次の2方式で企画内容を審査し、採択事業を評価します。なお、採択件数は予算の範囲内となります。

①書類審査

採択申込書から内容を審査します。

②プレゼンテーション審査

内容をより深く理解するため、申請団体に出席して頂きます。事業の特徴や効果、独自の発送、工夫している点、書類では伝えきれない思いを積極的にアピールしてください。1件あたり15分(提案者説明7分、審査員質疑8分)を予定しています。

 

8 評価方法

次の項目に基づいて評価します。

1.事業内容について

① 補助金交付の公益性

税金の使いみちとして適切か、市民や地域に還元される事業か。

② 八幡浜市らしさ

地域の特徴を活かしているか、新たな付加価値が期待できるか。

③ 時代性・社会状況・市民ニーズの把握

現況を的確に把握し、市民や地域が求めている事業か。

④ 先駆性・独創性

内容や手法に他にはない工夫や、新しい取り組みが見られるか。

⑤ 目的・目標、計画の妥当性

目的・目標が明確か。計画に実現性、継続の見込みがあるか。

 

2.団体組織について

① 運営が閉鎖的でなく、広く開かれた組織であるか

② 事業を行うにあたって、適正な規模・内容を保有しているか

③ 事業規模に見合った自己負担能力を有しているか

④ これまでの活動実績はどうか

 

9 審査結果

審査結果は申請者に通知するほか、広報誌及び市のホームページで公開します。

 

10 補助金等の事務手続き

補助金の手続きは「八幡浜市市民提案型まちづくり事業補助金交付要綱」に基づいて手続きすることになります。

1.申請書提出

交付申請書(様式第1号)を指定する期間に市役所政策推進課へ提出してください。交付申請書を含む「八幡浜市市民提案型まちづくり事業補助金交付要綱」は、市役所八幡浜庁舎3階政策推進課にてお渡しします。また、下記からダウンロードもできますのでご利用ください。

 

<添付書類>

(1)収支予算書

(2)支出の根拠となる見積書等

(3)市民団体等の定款、規約その他これに準ずる書類

(4)市民団体等の構成員名簿

(5)前年度の決算書(ただし、団体設立初年度の場合は必要としない。)

 

2.受付、審査

前述のとおりです。なお、プレゼンテーション審査の日時及び場所は、後日お知らせします。

 

3.決定通知

プレゼンテーション審査の結果、補助採択された場合、補助金交付決定を行い、文書で通知します。

 

4.事業着手前

補助事業の実施上必要と認められる場合は、補助金の一部を概算払により事前に交付することができます。その場合、様式第6号(概算払請求書)に関係書類を添付して提出してください。

 

5.事業の途中

①補助金は、採択された事業に直接関わるものにしか充てることができません。事業に直接関わるものとそれ以外のものを注意して区別し、会計管理してください。帳簿やその書類はいつでも見られるように整理しておいてください。

②補助金の額の変更を伴うなど重要な変更しようとするときは、変更承認申請書(様式第2号)を提出してください。

 

6.事業完了後

① 実績報告書(様式第4号)を提出していただきます。

② ①を審査したのち、内容に問題がなければ様式第5号(精算払請求書)を提出していただきます。その後、補助金が交付されます。

③ 帳簿や証拠書類は、補助金を受けた会計年度終了後、5年間保管しておいてください。

 

11 その他

この事業において、団体から提出された応募書類や事業成果、原稿寄稿などにより市が知り得た情報は、必要な範囲において市が公表、または印刷製本し頒布することができるものとします。

 

04.png<問い合わせ先>

八幡浜市 政策推進課 地域づくり支援係

電話:0894-22-3111㈹ 内線1349

 

 

 

◆八幡浜市市民提案型まちづくり事業補助金交付要綱(WORD形式PDF形式) ※申請書類も含む

お問い合わせ

政策推進課
地域づくり支援係
電話:0894-22-3111
ファクシミリ:0894-24-0610