臨時福祉給付金(経済対策分)

2017年2月1日

制度の概要

 平成26年4月から消費税率が引き上げられたことに伴い、所得の少ない方々の負担を軽減するため、対象となる方に「臨時福祉給付金(経済対策分)」を給付します。

 対象と思われる方には、平成29年2月下旬に申請書を郵送いたします。

 

支給要件

・支給対象者 次の①・②の両方に該当する方

① 基準日(平成28年1月1日)に八幡浜市に住民登録がある方

② 平成28年度分の市民税(均等割)が課税されていない方

※ただし、ご自身を扶養している方が課税されている場合や生活保護の受給者である場合などは除きます。

※市民税を申告していない方は、支給判定が困難な場合がありますので、必ず申告してください。

・支給額 支給対象者1人につき15,000円(一回限り)

 

申請期間

平成29年3月1日(水)~6月1日(木)必着

 

支給時期

平成29年3月下旬から順次支給する予定です。

 

申請先

市役所八幡浜庁舎1階 社会福祉課「臨時福祉給付金窓口」保内庁舎管理課 総合窓口係

※基本は郵便による申請ですが、上記窓口でも受け付けます。

※各出張所(双岩・川上・真穴・日土・磯津)でも申請書をお預かりします。

 

申請時の注意事項

〇原則として、平成28年1月1日時点で八幡浜市に住民票がない方の申請は、八幡浜市では受け付けられませんのでご注意ください。

※DV被害者等で、他の市区町村から住民票を移さずに八幡浜市にお住まいの方については、八幡浜市で申請を受け付けることができる可能性がありますのでご相談ください。

〇次の場合は、給付金を受給できません。

・平成29年6月1日(木)までに申請書や必要書類を提出しない場合

・八幡浜市の支給決定前に支給対象者が死亡した場合

・申請書の不備などを修正しなかった場合

〇次の場合は、審査に時間がかかるため支給が遅れる場合があります。

・申請書に必要事項を正確に記入していない場合

・必要書類を添付していない場合

・給付金の受取方法として現金受取を希望する場合

〇次の場合は、臨時福祉給付金を返還していただきます。

・平成28年度分の市町村民税(均等割)が課税されていることや、課税者の扶養親族等であることが判明した場合。

・臨時福祉給付金等を受給した後に、支給対象要件を満たさなくなった場合

(例)税務申告を遅れて行い、給付金を受給した後に平成28年度市民税が課税された場合など

・偽りその他不正の手段により臨時福祉給付金等を受給した場合

 

振り込め詐欺や個人情報の詐取にご注意を!

○「臨時福祉給付金等」に関して、八幡浜市や厚生労働省などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。

○ATMを自分で操作して、他人からお金を振込んでもらうことは絶対にありません。

○八幡浜市や厚生労働省などが、「臨時福祉給付金等」を支給するために、手数料の振り込みを求めることなどは絶対にありません。

 

関連情報

厚生労働省HP「確認じゃ!給付金。」

http://www.2kyufu.jp/

お問い合わせ

社会福祉課
臨時福祉給付金担当
電話:0894-22-3111
ファクシミリ:0894-22-2727