八幡浜市の空き家対策

2017年4月20日

04.png 空き家のままで放置されている家屋が、近隣住民や通行人の安全確保、市街地の景観などの観点から、大きな問題となっており、これは当市に限らず全国的な問題として広く報道されているところです。また、まだまだ住むことができる程度の良い家屋であっても、空き家となり使われないまま放置されるケースが増えてきています。

 今後も少子高齢化や核家族化の進展など様々な社会問題と絡み合い、ますますその深刻の度が増してくることが予想されます。

 また、総務省が実施した「H25住宅・土地統計調査」においては、当市の空き家率が19.5%(住宅総数は19,350戸、空き家総数3,770戸)と公表され、県下11市のうち2番目に高い空き家率であることも明らかとなりました。

 このような現状の中、空き家の所有者等や近隣住民からのニーズに応えるため、平成28年度より建設課に空き家対策係を新設しました。今後、空き家対策係を空き家問題のワンストップ窓口とし、取り組みの強化を図り、安心・安全なまちづくりを推進していきます。

 

H29.4.20 平成29年度八幡浜市老朽危険空家除却事業について(お知らせ)

 

 

H29.3.31 八幡浜市空家等対策計画を策定しました。

  01.png

 

H29.3.15 空家等対策に関するパンフレットを作成しました。

  02.png

 

H29.3.10 空家等対策の推進に関する協定を締結しました。

 

 ○ 空家等の適正な管理の推進に関する協定

  シルバー人材センターとの協定(パンフレット)

 

 ○ 八幡浜市空き家バンク制度における空家等の媒介等に関する協定

  八幡浜市空き家バンクのイメージ

 

・その他

  八幡浜市空き家バンクへの登録について

 

 空家等や空き地の寄付採納について

 

参考資料

 

八幡浜市移住者住宅改修支援事業

 

空家等対策の推進に関する特別措置法

お問い合わせ

建設課
都市デザイン室空き家対策係
電話:0894-36-1116