平成29年8月から70歳~75歳未満の方の高額療養費自己負担限度額が変わりました

2017年8月1日

医療費の自己負担が高額になったとき、限度額を超えた分が高額療養費として支給される制度について、70歳以上75歳未満の方の限度額が平成29年8月から変更となりました。

※平成30年8月にも自己負担限度額の変更が予定されています。

 

2_1.jpg

※1 住民税課税所得145万円以上の方などで、医療費の自己負担割合が3割の方
※2 住民税課税世帯で、医療費の自己負担割合が2割または1割の方
※3 住民税非課税世帯で、低所得者Ⅰ以外の方
※4 住民税非課税世帯で、世帯の各所得が必要経費・控除を差し引いたときに0円となる方
※5 過去12か月以内に高額療養費の支給が4回以上あった場合、4回目以降は44,400円
★低所得者Ⅰ・Ⅱの方は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので、市民課国保係または保内庁舎管理課に申請してください。
★所得や世帯構成に変更がある場合、自己負担限度額が変わる場合があります。

 

お問い合わせ

八幡浜市役所 市民課 国保係 22-3133(係直通)