第40回八幡浜市美術展

2017年9月27日

「第40回 八幡浜市美術展」について  

 

 「第40回 八幡浜市美術展」を八幡浜市立市民図書館の市民ギャラリー、視聴覚室で開催しました。

 今年は市内外の美術愛好家から229点もの出品作品がありました。今年は八幡浜市美術展40周年を記念し、審査員の先生方が製作された作品のプレゼント抽選会を行い大盛況の展覧会となりました。

 

会期 平成29年9月9日(土)~9月24日(日)
会場 八幡浜市立市民図書館 3階:市民ギャラリー 2階:視聴覚室
出品点数 229作品(日本画18作品、洋画53作品、書道56作品、写真57作品、工芸35作品、デザイン9作品、彫塑1作品)
来場者数 1639人

 

受賞作品  

「市展優賞」は無鑑査資格者対象、その他の賞は一般対象の賞となります。   

市展優賞、特選(市長賞・議長賞・教育長賞・文化協会長賞)の作品名をクリックすると、作品画像が開きます。  

 

日本画部門

作者 作品名
市展優賞 曽根 すず子 遊ぶ
市長賞    
議長賞    
教育長賞 菊池 陽子 藤の花
文化協会長賞    
推奨 岡田 規子 フィーリング
二宮 貴生 相野の花より
高校生奨励賞    

 

洋画部門

作者 作品名
市展優賞 小野 久美子 September
近藤 恵治 西予マリーナ
兵頭 宏 杏ちゃんのフラダンス
市長賞 岩見 君義 上下町白壁の街
議長賞 浅野 政子 収穫
教育長賞 石上 紗己 静物画
文化協会長賞 南 恵子 四万十・初夏
推奨 和泉 宏典 八幡浜港
伊勢元 ひとみ 夏の朝
岩本 初美 背中
上甲 恵子 相野の花
増池 くるみ 蓮池
宮本 桂子 水辺
高校生奨励賞 別宮 彩音 おじいちゃん

 

書道部門

作者 作品名
釈文
市展優賞  西宮 瑤和 朝顔 
 朝顔の一輪さきし暑さかな
 三瀧 静香 佳句
 侵晨試盡[下の「皿」が「土」]書蕉葉趁月弾琴上竹楼
市長賞 薬師神 鳳苑  七言対句
 積一勺以成江河累微塵以崇峻極
議長賞 二宮 真紀 さつきやみ
 五月闇 みじかき夜半の うたた寝に 花橘の 袖に涼しき
教育長賞 宮下 栄舟 佳句
揮毫落紙如雲煙
文化協会長賞 井上 光風 七言対句
秋聲在樹疑天楽佳子零空像雨花
推奨 稲田 麻由 七言二句
臨渓高柳為誰緑隔浦幽花還自香
宇都宮 智美 七言対句
暮雲収盡溢清寒銀漢無聲轉玉盤
(暮雲収まり尽して清寒溢れ銀漢声無く玉盤転ず)
梶谷 小夏 臨 薦季直表
俾図報効直力気尚壮必能夙夜保養人
白石 松華 七言対句

百年歳月催蓬鬢十載江湖負菊花

田中 和子 なごりなく
なごりなく しぐれの空は はれぬれど
またふるものは このはなりけり
二宮 勝美 佳句
翰墨伴淸閒
(筆や紙などの風流な事も清閑に伴うのである)
二宮 さくら 楽毅論
其殆庶乎機合乎道以終始者與其喻昭〔上の「刀」は「ソ」〕
野村 紫風 七言対句
冨貴従来孤枕夢文章畢竟百年香
広瀬 公美 七言対句
晴樹遠浮青峰出春江暁帯白雲流
矢野 瑞葵 臨 蘭亭序
亦足以暢叙幽情 是日也 天朗気淸 惠風
高校生奨励賞 原田 優香 臨 蜀素帖
何須織女支機石且戲常娥稱客星

 

写真部門

作者 作品名
市展優賞 河野 真典 ガンジスの祈り
水沼 容子  Vacation
市長賞 増井 文香 夏の宴
議長賞 鳴滝 久照  暮色の街
教育長賞 宇都宮 裕貴  ひと休み
文化協会長賞 大和 真二 サマージャンプ
推奨 井上 尚美 少女の夏
井上 久代  赤い宝石
沖濱 愛梨 黄昏の君 
小林 サワ枝  利用客 
後藤 明弘  長閑
佐藤 真理  遥かなる歴史の息吹
杉山 博司  幸せの帰路 
兵頭 亮 難路走破
矢野 清治 静寂
高校生奨励賞 西村 媛香  おっと危ない 

 

工芸部門・彫塑部門

作者 作品名
市展優賞 礒﨑 初廣 水指 
二宮 留美子 MISHIMA
市長賞 兵頭 正英 I love Lucie
議長賞 尾﨑 勝義  花器 
教育長賞 二宮 なほ美 和柄二段重
文化協会長賞 甲畑 知恵子 麻の葉模様の花入れ
推奨 菊池 京子 ランプシェード 
久保 啓 織部 絵付皿 
松本 由起子 明日はお出かけ
井上 恒子  月見角皿(90の手習い) 
石田 洋子 備前うず潮 
道上 富久  北斎の冨嶽三十六景
高校生奨励賞  嶋津 正真 パクッ

 

デザイン部門

作者 作品名
市展優賞    
   
市長賞    
議長賞    
教育長賞    
文化協会長賞 小山 菜摘 楽園
推奨 戎 優香 心地
田辺 翔 明治橋
高校生奨励賞  津田 幸星

お問い合わせ

生涯学習課
文化振興係
電話:0894-36-3040
ファクシミリ:0894-36-3041