平成30年度 保育所幼稚園の園児募集

2017年11月1日

 

[保育所]

市内どの保育所へでも入所できます。(ただし、定員等により第一希望の保育所へ入所できない場合があります)

 

保育所名(電話番号) 所在地 開所時間 ※1 対象年齢 定員 備考
白浜保育所(22-2454) 裁判所通1550-20 7:30~18:30※2 0~6

150名

除去食・延長保育
神山保育所(22-1093) 五反田1-881-2 7:30~18:00 0~6 70名  
千丈保育所(22-2494) 木多町67-1 0~6 90名 除去食
愛宕保育所(22-4623) 愛宕山487-3 0~6 50名 一時預かり
双岩保育所(22-4359) 若山4-23-3 0~6 30名  
川上保育所(27-0605) 川上町川名津甲69-1 0~6 30名  
真穴保育所(28-0390) 真網代乙184-3 0~6 30名  
日土保育所(26-0032)  日土町8-125-3 0~6 40名  
喜須来保育所(37-2788) 保内町喜木2-132-1 0~6 80名 一時預かり
川之石保育所(36-0343) 保内町川之石1-125-1 0~6 60名  
宮内保育所(36-0136) 保内町宮内5-87-4 7:30~18:30※3 0~6 100名 除去食・延長保育

 

※1 土曜日の開所時間は、7時30分から12時まで。(白浜保育所以外)

※2 白浜保育所は、平成28年度より運営業務を社会福祉法人和泉蓮華会に委託しています。

【開所時間】 月~土曜日 7:30~18:30  

【延長保育】最長21時までの延長に対応(土曜日を含む)

【休日保育】

日曜日、祝日勤務の保護者に対応するため、休日等においても保育の必要な園児に対して保育を行います。原則八幡浜市に住所を有し、保育所に通う園児が対象となります。 (白浜保育所以外の保育所に通う園児も利用できます。)

※3 宮内保育所 【延長保育】最長19時までの延長に対応(土曜日を除く)

 

■保育所入所の基準

保護者のいずれもが、次のいずれかに該当することにより、保育することができないと認められる場合

※同居の親族の方が子どもを保育することができる場合、利用の優先度が調整されます。

1.居宅外や家事以外の居宅内で労働することを常態としている。(1日4時間・月16日以上働いていること)

2.母親の出産前後

3.疾病にかかり、もしくは負傷し、または、心身に障害を有している

4.同居の親族等を常時介護している

5.震災、風水害、火災などの災害の復旧にあたっている

6.ハローワークに求職の申し込みを行うなど仕事を探している。ただし、入所期間は3ヶ月が限度

7.学校や職業訓練校等に通っている。

8.児童虐待や保護者からのDVの恐れがある。

9.育児休業取得時に既に保育所を利用している子どもがいて、継続利用が必要である場合。

 

■申し込み先      

各保育所

※入所申込は各保育所の開所時間内に受け付けます。

※入所申込受付後、入所希望の保育所にて面接(平成30年1月)があります。

※平成30年度中に育児休業が明ける方及び産前産後等で年度途中に入所される予定の方も申し込んでください。(育児休業中の新規入所は、できません。)

 

 申し込み受付期間 12月1日(金)~12月20日(水) ※日曜日は除く

 

■問い合わせ先/市役所子育て支援課☎0894-21-0402または各保育所

 

[幼稚園]

 

幼稚園名(電話番号) 定員 所在地 スクールバス 給食
神山幼稚園(24-3630 70 五反田1-173
保内幼稚園(36-1082 140 保内町宮内4-50 有(喜須来・川之石地区)

 

■対象

平成2442日から平成2641日までに生まれた市内に住所のある子ども4歳児・5歳児)

 

■保育時間

月曜日~金曜日 午前9時~午後2

 

■保育料等

1.生活保護世帯等 0円(月額)

2.市民税非課税世帯及び均等割のみ課税世帯  3,000円(月額)

3.市民税所得割課税世帯           5,700円(月額)

※多子世帯やひとり親世帯、在宅障害児(者)のいる世帯については、保育料の負担軽減措置があります。(所得の状況によっては減額措置が受けられない場合もあります)

※給食費(1食)245円、PTA会費等が必要です。

 

■申し込み先

各幼稚園入園申込書は各幼稚園及び子育て支援課にあります)

 

■申し込み期間

111日(水)~1117日(金)※土・日・祝日は除く

 

■問い合わせ先

各幼稚園または市役所子育て支援課 ☎21-0402(内線11611162

 

幼稚園・保育所の利用申し込みとあわせて認定申請をする必要があります

 幼稚園や保育所の利用を希望する場合(既に入園・入所中の場合も含む)は、市の認定を受ける必要があります。認定のための申請書等は、市立幼稚園(4歳以上)、市立保育所の利用申し込みの際、各幼稚園・保育所よりお渡しします。

 なお、私立幼稚園を利用される場合は、私立幼稚園を通じて認定申請をすることができます。 

 

●保護者の就労によって教育・保育が必要となる場合の例

1.png

 

※1 フルタイム就労:月120時間以上の就労 120時間の目安:週5日かつ1日6時間(週30時間)×4週間の就労

※2 パートタイム就労:月64時間以上120時間未満の就労 64時間の目安:週4日かつ1日4時間(週16時間)×4週間の就労

※3 市立幼稚園については、4歳からの認定、利用になります。

 

・保護者が就労していても、1号認定(教育認定)を受けて幼稚園を利用することができます。

・保護者のいずれもがフルタイム就労の場合でも、保育短時間を利用することができます。

 

◎問い合わせ

市役所子育て支援課保育・幼稚園係 ☎0894-21-0402(直通)

お問い合わせ

子育て支援課
電話:0894-21-0402