原子力防災講演会の開催について

2018年1月19日

八幡浜市では、市民の皆様に原子力についての基礎的な知識を知っていただくため、原子力防災講演会を実施します。
長崎大学原爆後遺障害医療研究所の髙村 昇(たかむら のぼる)教授を講師にお迎えし、放射線被ばくと健康影響についてご講演をいただきます。多数の皆様のご参加をお待ちしております。

 

日時

平成30年2月19日(月)14:00 ~ 16:00(開場13:30)

 

会場

八幡浜市文化会館ゆめみかん 大ホール

 

講師

長崎大学原爆後遺障害医療研究所 髙村 昇 教授

 

演題

放射線被ばくと健康影響

 

定員

500人(受講料無料)

 

申込方法

受講をご希望の方は、2月13日(火)までに電話またはメールでお申し込みください。

 

案内チラシ

PDF (251KB)

 

講師プロフィール

長崎大学原爆後障害医療研究所 教授 高村 昇
●現在の専門分野
被ばく医療学、衛生学、内分泌学、内科
●学歴・職歴 
1993年3月 長崎大学医学部卒業
1997年3月 長崎大学医学部大学院医学研究科卒業
1997年6月-2001年10月
 長崎大学医学部原爆後障害医療研究施設国際放射線保健部門助手
1999年6月-2000年7月
世界保健機関本部(スイス・ジュネーブ)技術アドバイザー(上職のまま)
2001年11月-2003年2月 長崎大学医学部社会医学講座講師
2003年3月-  長崎大学医歯薬学総合研究科公衆衛生学分野准教授
2008年4月- 現職

お問い合わせ

総務課
危機管理・原子力対策室
電話:0894-22-3111
ファクシミリ:0894-24-0610