平成30年7月豪雨に関する住家のり災証明書、住家以外の被災証明書及び農業用被災証明書について

2018年8月7日

平成30年7月豪雨に関する住家(※1)の「り災証明書」および住家以外の「被災証明書」の申請受付を開始しています。

 

り災証明は住家の被害を証明するもので、申請を受けた後に調査員による現地調査で損害規模を判定します。申請から発行までに日数がかかることがあります。
被災証明は住家以外の被害を証明するもので、写真等で被災した状況を確認できれば調査等はなく、その場で発行します。(保内庁舎で受付けた場合は、翌日発行になります。)

 

※1 「住家」とは、現実に居住のため使用している建物をいう。

 

様式

り災証明申請書:(Word PDF )

被災証明申請書:(Excel PDF )

農業用被災証明申請書:(Word PDF

 

申請書は申請窓口にもあります。

 

必要書類等

り災証明申請書: ・印鑑(印鑑なくても対応可) ・可能であれば写真

 

被災証明申請書: ・印鑑 ・被災状況の分かる写真

 

農業用被災証明申請書: ・印鑑 ・被災状況の分かる写真 ・位置図

 

申請窓口

り災証明書、被災証明書

税務課(八幡浜庁舎2階) 

保内庁舎管理課(保内庁舎1階)

 

農業用被災証明書

農林課(八幡浜庁舎4階)

保内庁舎管理課(保内庁舎1階)

 

申請時間

9時~17時(土日祝日を除く)

 

関連記事

片付ける前に記録を残してください(罹災証明書発行についての注意)

・平成30年7月豪雨以外のり災証明書についてはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

総務課
危機管理室
電話:0894-22-3111
ファクシミリ:0894-24-0610