片付ける前に記録を残してください(罹災証明書発行についての注意)

2018年7月13日

罹災証明書は、被災した家屋の被害の程度を証明するもので、各種支援金・制度の利用時に必要です。

市の調査が入る前に片付けや補修をしてしまうと被害の程度を証明できなくなる場合もあります。

調査に入る前に片付けや補修をする際にはできるだけ被害状況写真等の記録をとるようお願いします。

被害状況記録の取り方については「建物被害調査のトリセツ」をご参照ください。

お問い合わせ

総務課
危機管理室
電話:0894-22-3111