骨粗鬆症検診を受けましょう!

2018年10月22日

骨粗鬆症とは?

長年の生活習慣などにより骨がスカスカになって骨折しやすくなる病気のことです。最初は自覚症状がありませんが、腰や背中に痛みが生じて医師の診察を受けてから見つかります。ひどくなると骨折を起こし、寝たきりの原因となる場合もあります。

 

「私はまだ大丈夫」という方こそ必見です! ~誰にでも可能性がある骨粗鬆症Q&A~

Q.男性よりも女性の方が骨折しやすいって、ホント?

A.はい。本当です。50歳以上の男性の5人に1人が骨折しています。50歳以上の女性の3人に1人が骨折しています。ただ、どちらにしても「高い確率」であることには間違いありません。

 

Q.足の付け根を骨折すると、元通り「歩行」できますか?

A.回復できないケースも見られます。大腿骨折した人のうち、10人中6人(約60%)は1年後でも補助を必要としています。

 

Q.骨粗鬆症になると、治らないのですか?

A.いいえ。お薬による治療法があります。薬物治療を実施すると、「骨折の確率」が下がります。

・椎体骨折の確率 3~7割減

・大腿骨骨折の確率 約4割減

 

元気な骨を守るためにも、定期的な「検査」をおススメします!

40・45・50・55・60・65・70歳女性は600円で骨粗鬆症検診を受けられます。

骨粗鬆症検診の日程

骨粗鬆症チラシ

お問い合わせ

保健センター
成人保健係
電話:0894-24-6626
ファクシミリ:0894-24-6652