平成30年度八幡浜市人権・同和教育研究大会

2019年1月21日

 八幡浜市では、同和問題をはじめとする様々な人権問題の早期解決のために、問題につ いての理解を深め、市民の力を結集して、差別の解消と人権の確立をめざした人権・同和 教育を積極的に推進することを目的に次のとおり開催します。

 

期日

平成31年2月16日(土)午後1時開演(午後0時20分受付開始)

 

大会主題

差別の現実から深く学び、部落差別解消推進法の具現化と、あらゆる差別の解消をめざし、地域ぐるみで人権・同和教育を推進しよう。

 

主催

八幡浜市 八幡浜市教育委員会

 

共催

八幡浜市人権教育協議会

 

会場

八幡浜市文化会館(ゆめみかん)大ホール

 

内容

(1)開会行事

 

(2)人権尊重作文発表

   ・小学生代表 1名

   ・中学生代表 1名

   ・高校生代表 1名

 

(3)人権講演会

 

「私の歩んだ道」~見えないから見えたもの~

ヒカリカナタ基金代表   竹内 昌彦 さん

 

 幼少期に失明し、全盲となられました。岡山県立岡山盲学校の元教頭先生で、在職中から各地で「いじめ」や「命の大切さ」をテーマに講演活動を行っておられます。
 「途上国の視覚障がい者の自立を支援したい。」との思いから、2011年にモンゴルに、2015年にはキルギスに盲学校を設立されました。2016年、それらの盲学校に集まってくる子どもたちの中に、手術をすれば見えるようになる子どもがたくさんいることに気づき、手術費用を集めるために、「ヒカリカナタ基金」を設立し活動をされています。
 いじめや障がい者差別など、数々の困難に立ち向かい一つ一つ乗り越えて頑張った波乱の人生。ご自身の障がいのあった子どもさんとの別れなどもお話しいただきます。
 学ぶことの多い講演会になると思います。

 

お問い合わせ

人権啓発課
人権啓発係
電話:0894-21-6860
ファクシミリ:0894-37-3372