八幡浜市と公益財団法人国際文化会館との連携協定の締結について

2019年4月24日

 

八幡浜市と公益財団法人国際文化会館は、「地方創生に向けたグローカル人材育成に関する連携協定」を締結しました。本協定の目的と連携・協力事項は下記のとおりです。

 

1 目的

本協定は、公益財団法人国際文化会館と八幡浜市それぞれが保有する情報や資源等を活用しながら、人口減少下においてもグローバルな視点で地域社会・経済の活性化及び持続的な発展に貢献するグローカル人材を育成することを目的とします。

 

2 連携・協力事項

・公益財団法人国際文化会館が主催する「新渡戸国際塾(新渡戸リーダーシップ・プログラム)」修了生の持つ豊富な社会人経験やネットワークを活かし、八幡浜市の学生に対し社会との接点や視野を拡げる講義の実施

・次世代育成及び地方の現状や課題を理解するためのフィールドの提供

・その他、公益財団法人国際文化会館と八幡浜市が協議して定める事項

 

3 その他

「新渡戸国際塾(新渡戸リーダーシップ・プログラム)」とは、広い視野と公益の精神をもって国際社会に貢献できる若手リーダーを育成するため、公益財団法人国際文化会館が2008年に開校した塾です。国の地方創生人材支援制度で財務省より2017年7月より当市に出向している今岡植企画財政部長も10期塾生として所属していました。