八幡浜市とumamill株式会社との協定の締結について

2019年11月1日

 八幡浜市とumamill株式会社は、「八幡浜市の輸出事業連携に関する協定」を令和元年10月25日に締結しました。
 本協定の目的と連携・協力事項は下記のとおりです。

 

 

  1. 目 的
     本協定は、八幡浜市内事業者の輸出事業環境づくりや食料品生産の後継者育成を見据え、プラットフォーム利活用をベースとし、umamill株式会社と八幡浜市の相互の知的、人的、物的資源の活用を図ることにより、市内事業者の輸出機会を創出することを目的とします。

    ※プラットフォームとは
     umamill株式会社が「日本の全ての食品メーカーが輸出に挑戦できる場をつくる」ことをコンセプトに、2019年3月に生まれた「日本の食品メーカーと海外の食品バイヤーをつなぐ日本食輸出支援プラットフォーム「umamill」のことで、自社の商品情報や写真を無料で掲載でき、海外バイヤーにサンプル品を届けることで商談を生み、海外の取引先開拓ができるサービスで、商談及び商談成立後の輸出はumamill株式会社が代行するものです。
     この協定に基づき、八幡浜市は、市内の食品メーカーによる「umamill」の活用を推進し、umamill株式会社と連携して食品メーカーの輸出機会の創出を支援します。海外では日本食の需要が高まる一方、日本の中小規模の食品メーカーの多くで、食品の輸出に必要な知見や人材、費用などが不足し、海外の販路を十分に開拓できていないという課題を抱えています。八幡浜市とumamill株式会社は、食品の輸出における法律面の確認や必要な手続き、商談、商品輸送の代行、商品ごとの需要調査、販路開拓の支援を行う「umamill」を有効に活用してもらうことで、食品メーカーが抱える輸出における課題を解決することを目指します。


  2. 連携・協力事項
    (1) プラットフォームの運営(umamill株式会社)
    (2) プラットフォームの利用者支援(umamill株式会社)
    (3) プラットフォームの利用促進(八幡浜市)

 

お問い合わせ

商工観光課
電話:0894-22-3111