市長メッセージ ~市民の皆様へ~

2020年8月7日

 新型コロナウイルス感染症につきましては、先月末に東京で、新規感染者が1日で463人確認されるなど、大都市圏では第一波のピークだった4月を上回る数字となっています。

 大都市圏との人の移動により、その影響が地方へも波及してきており、全国では1日に1,500人を超える感染者が確認され、過去最多を更新しています。岩手県で初めて感染者が出るなど、新規感染者数が過去最多となっている都道府県が多くあり、PCR検査の件数が増えたことを考慮しても、感染症の拡大に歯止めがかかっていません。

 

 愛媛県内においても、7月19日に、53日ぶりとなる感染者が確認され、その後も散発的に感染事例が発生するなど、3密回避の習慣化等感染予防と社会経済活動の両立を図ることが求められています。

 これからは大学の長期休暇やお盆休みなど帰省時期を迎え、当市でも感染者が発生する懸念があります。県では、夏休み・お盆期間中の注意事項として「首都圏や関西圏及び大都市からの帰省に注意」「県外の旧友たちとの会合注意」「旅先の3密場所への立ち入り注意」の対応を呼びかけています。県をまたぐ移動の自粛は解除されてはいますが、首都圏をはじめとする大都市等の感染者が増加している地域との往来については十分に注意していただき、特に重症化リスクの高い高齢者や基礎疾患をお持ちのご家族がいらっしゃる場合には、慎重な判断をお願いします。

 

 なお、ネットやSNS等では感染者や家族、医療従事者等への偏見や誹謗中傷などが大きな社会問題となっています。感染を回避するために重要なことは、市民一人ひとりが正しい情報に基づき適切に判断し、冷静に行動することです。感染回避行動を日常化し、自身の身を守るとともに、周囲の人々への思いやりといたわりの心を持って、この難局を乗り越えていきましょう。

 

 

令和2年8月7日

八幡浜市長 大城 一郎