市長メッセージ ~市民の皆さまへ~

2020年5月18日

 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が全国に発令されておりましたが、5月14日に対象区域が変更され、愛媛県を含む39県では宣言が解除されました。しかし、愛媛県内では集団感染が発生するなど、感染拡大への警戒を継続する必要があります。

 

 愛媛県においては、感染予防と社会経済活動のバランスを考慮した対策を講じていくため、3つの警戒レベル(【感染対策期】【感染警戒期】【感染縮小期】)を設定し、感染状況に応じて、市町やエリア単位での対応を行うこととしており、5月31日までの間は、「感染予防を重視しつつ社会経済活動を制限付きで展開する【感染警戒期】」と位置付け、これまでと同様に「うつらないよう自己防衛」「うつさないよう周りに配慮」「県外の外出自粛と3密回避」の感染拡大回避行動の継続を強く呼びかけています。

 

 八幡浜市では、市民の皆様のこれまでの適切な感染拡大回避行動により、幸いにも感染者は出ていませんが、今後も感染リスクをゼロにすることはできません。引き続き警戒を緩めることなく、マスクの着用による咳エチケットや手洗いによる感染予防を徹底していただくとともに、「睡眠・食事・運動」そして、「笑顔」で免疫力を高め、ウイルスから身を守りましょう。また、県をまたぐ移動、特に緊急事態宣言が継続している感染拡大地域への外出自粛と3密(密閉・密集・密接)回避を徹底いただくようお願いします。
 これからも市民の皆様の健康と生活を守ることを第一に、国・県・市が一体となって感染拡大の防止を図り、個人や事業者に向けた各種支援の実施に取り組んでまいります。

 

 最後に、感染のリスクは誰にでもあります。ネットやSNS等での偏見や根拠のない噂を信じ、広げたり、攻撃したりすることは絶対にあってはならないことで、感染予防には全く役に立たないばかりか逆効果となるものです。国・県・市等の公的機関が発表する正しい情報に基づき、正しく恐れ、冷静に対応していくことが重要になります。市民の皆様には、感染・治癒された方へのいたわりの心と社会を支えている人々への感謝の気持ちを持ち、心を一つにして、共にこの難局を乗り越えていきましょう。

 

 

  令和2年5月18日

八幡浜市長 大 城 一 郎