避難所における新型コロナウイルスの感染症対策について

2020年5月20日

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大が懸念されるなか、地震や大雨、高潮など、災害はいつ起きるか分かりません。災害から命を守るために、避難所における感染拡大防止のため、市民の皆様には次の点についてお願いいたします。

 

避難先を事前に検討してください(分散避難)

 新型コロナウイルス感染のリスクは「密閉・密集・密接」の3つの密を避けることで低減できます。避難所が過密状態になり、感染するリスクを防ぐため、避難行動判定フロー(内閣府ホームページ)や市が発行している各種ハザードマップなどで、事前に自宅周辺の災害リスクや取るべき避難行動を確認し、ご家族などで避難先について十分話し合ってください。

 

〈例〉

  • 指定避難所への避難
  • 可能ならば親戚や友人宅への避難
  • 状況によってはホテル等の活用
  • 車による高台避難(避難所の校庭等)
  • 自宅2階への垂直避難 等

 

 

避難を躊躇しないでください(迅速避難)

 新型コロナウイルス感染症を恐れ、漠然と避難しないという選択をしないよう、自らの災害リスクを再確認し、気象情報や市が発令する避難情報等に注意して、早めの避難をお願いいたします。
 命を守る行動を最優先にしてください。

 

衛生用品を持って避難してください(衛生用品の持参)

避難所や親戚や友人宅等に避難する場合、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、「マスク」「体温計」など、避難所等に必要な衛生用品の持参に努めてください。

 

*市でも避難所におけるマスク、消毒液、消毒用せっけん、屋内用テント等の感染防止対策を用意していますが、災害規模によっては数量が不足することも予想されますので、衛生用品の持参にご協力ください。
 また、マスクを持っていない場合は、鼻と口を覆える大きさのタオルや手拭いなどが代わりに使えます。

 

避難所での衛生管理の徹底と体調管理をお願いします

手洗い消毒の徹底
「手洗いや消毒の徹底」です。

  • 食事の前や、トイレに行った後などは必ず手洗いやアルコール消毒をするようにしてください。
  • ドアや手すりなど、多くの人が触るものに触れた後は、手洗いや消毒を徹底するようにしてください。

 

咳エチケットの実施
避難所ではできる限りマスクを着用しましょう。
咳が出るときにはマスクの着用やティッシュ・ハンカチなどで口や鼻を覆うなど、咳エチケットを心がけましょう。

 

毎日の体調のチェック
「自分の体調チェック」をしてください。
 避難所での生活が続く場合、朝・夕の体温を測るなど体調の変化を継続的にチェックし、発熱や咳、呼吸苦などの症状がある場合には無理をせず、すみやかに避難所の担当者に申し出ましょう。また、感染症流行地域への渡航歴がある方は、避難時に避難所の担当者に申し出ましょう。

お問い合わせ

総務課
危機管理・原子力対策室
電話:0894-22-3111
ファクシミリ:0894-24-0610