八幡浜市水道施設耐震化事業の実施について

2020年8月26日

全国的に上水道施設は、多くの施設で老朽化が進んでおり、地震に強い水道施設を構築するため、施設の更新・耐震化を推進していくことが、急務となっています。そこで、八幡浜市水道課でも、平成22年度策定の水道ビジョン『八幡浜市水道事業基本計画』及び平成24年度策定の上水道施設整備計画書(耐震化計画)に基づき、平成27年度より地域防災計画等に位置付けられた災害拠点病院(市立八幡浜総合病院)や各避難所、中枢機能の集積している箇所など重要度・優先度の高いルートの選定を行い、優先順位を定めた上で計画的に基幹水道施設の更新・耐震化工事を実施し、漏水防止の向上と地震災害等に強い水道の再構築を図っています。
令和2年度も引き続き、老朽管更新事業5路線、そして新たに配水池新設(用地造成)事業1地区の耐震化事業を実施いたします。工事は、安全第一を最優先に考えて進めてまいりますが、工事を実施する地区にお住いの皆様及び通行関係者の皆様には、大変ご不便をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いします。
なお、各工事の概要については、それぞれの入札が終了次第、本ページにて掲載していきます。

 

令和2年8月末現在、下記の工事を実施しています。各工事内容につきましては、該当する工事をクリックして『工事概要』をご覧ください。

お問い合わせ

水道課
庶務係
電話:0894-36-0621
ファクシミリ:0894-36-2191