森林環境譲与税の使途について

2021年10月27日

森林環境譲与税について

森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律(平成31年3月29日法律第3号)が平成31年4月1日に施行され、都道府県及び市町村に森林環境譲与税の譲与が開始されました。

森林環境譲与税は法令で使途が定められており、市町村は、

  1. 森林の整備に関する施策
  2. 森林の整備を担うべき人材の育成及び確保、森林の有する公益的機能に関する普及啓発、木材の利用の促進その他の森林の整備の促進に関する施策に要する費用に充てること

となっています。

 

使途の公表について

森林環境譲与税の使途については、森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律第34条第3項に基づいて、その使途を公表する必要があります。

 

八幡浜市への交付額

令和元年度 7,691千円  
令和2年度 16,347千円  
令和3年度 (予定)16,394千円  

 

令和2年度森林環境譲与税の使途について

 

充当事業

 

 

内容

 

 

金額(千円)

 

 

森林環境譲与税基金

 

次年度以降の森林整備の事業に使用

するため、全額基金に積み立てた。

16,347
合計   16,347