使用済燃料乾式貯蔵施設の設置及び伊方発電所2号機の廃止措置に関する説明会の開催について

2020年11月25日

伊方町に隣接する当市は、伊方発電所から最短で約6kmに集落が位置し、概ね15kmの圏内にほとんどの市民が居住しており、万が一福島のような事故が発生した場合には、市民が住居と生活の場を失うことになりかねません。

特に、当市は柑橘産業と漁業が主産業であるため、風評被害一つでその基盤が失われることにもつながります。このことから、市民の伊方発電所への関心は、非常に高いものがあります。

現在、八幡浜市は、愛媛県、四国電力及び当市との間で締結した「伊方原子力発電所周辺の安全確保等に関する覚書」第4条に基づき、県から「使用済燃料乾式貯蔵施設の設置」及び「伊方発電所2号機の廃止措置」について意見照会をされています。

意見照会に対し、市民代表者および市議会議員の方の意見を踏まえて回答するため、下記の通り説明会を開催することとしました。

一般市民の方の傍聴も可能ですので、注意事項等をご確認の上、ご来場ください。

 

日時 令和2年12月4日(金)13時30分~16時00分
  ※会の進行状況により、終了時刻は前後する場合があります。
場所 八幡浜市文化会館「ゆめみかん」大ホール
対象者 市民代表者54名、市議会議員16名
傍聴 八幡浜市民に限り、先着50名まで傍聴可能です。
 

傍聴を希望される方は、説明会当日、運転免許証等、住所が確認できるものをご持参ください。

傍聴の際は下記注意事項を遵守してください。

説明者

原子力規制庁、愛媛県、四国電力株式会社(資源エネルギー庁も同席します)

 

注意事項

  • 傍聴にあたっては、受付時に住所・氏名をご記入いただきますのでご了承ください。
  • 受付にて50名に達した時点で入場はお断りしますのでご了承ください。
  • 会場内での撮影、録音、インターネットによる放送等及び発言は禁止します。
  • 会場内へはポスター、プラカード、横断幕等の意思を表示する持ち物、その他、社会通念上適当でない持ち物の持ち込みはご遠慮ください。
  • 会場内では係員の指示に従ってください。従っていただけない場合、退室いただくこともあります。
  • 受付の際に、非接触型体温計による体温測定を実施します。受付が済んだ方には「受付済」の名札をお渡ししますので、会場内での着用をお願いします。
  • 37.5℃以上の発熱及び体調不良のある場合は、傍聴をお断りします。
  • 会場入口に消毒液を設置していますので、必ず手指消毒をしてください。
  • マスクの持参と会場内での着用をお願いします。
  • 本説明会傍聴後2週間以内に、新型コロナウイルスへの感染が確認された場合は、下記問い合せ先までご連絡ください。

お問い合わせ

総務課
危機管理・原子力対策室
電話:0894-22-3111
ファクシミリ:0894-24-0610