大規模災害に備え「トイレカー」を導入

2021年5月19日

car.jpg

 

八幡浜市は、平成30年7月豪雨災害の経験を踏まえ、大規模災害発生時における避難所等のトイレ対策として、自走式のトイレカー(2室型)を2台導入しました。

災害時には市内はもとより、県内外の被災地に派遣するほか、平時においても市内で開催される各種イベントなどで使用いただくこととしています。

 

概要

トイレカー(2室型):2台

  1. 車両:軽四トラックベース
  2. トイレルーム:2室 簡易水洗式洋式便器、自動センサー付き手洗い場:各1基
  3. 設備:貯水タンク 約100ℓ、便槽タンク 約280ℓ、ソーラパネル搭載

お問い合わせ

総務課
危機管理・原子力対策室
電話:0894-22-3111(内線1320)
ファクシミリ:0894-24-0610