令和4年度 入札・契約制度の改善について

2022年3月25日

令和4年4月1日以降、契約する入札から以下の改善を行うこととしたのでお知らせします。

 

1 契約時の課税事業者届出書の提出を不要とすること

令和4年4月1日以降に契約する工事及び業務委託等について、免税事業者からのみ「免税事業者届出書」の提出を求め、課税事業者からの「課税事業者届書」の提出を不要とします。

※別紙「令和4年4月より契約時の課税事業者届出書の提出が不要になります。」のとおり

 

2 入札・契約関係書類の押印見直しについて

契約書など法律等で書類への押印が義務付けられているもの及び本人の意思や内容の真正性を担保する必要があるものを除き、事業者から提出する入札・契約関係書類は、原則として押印を廃止する。

※別紙「押印見直し書類請求書(記載例)」のとおり

 

3 留意事項

上記2について、押印義務が廃止されたとしても押印された書類を拒否するものではないため、押印された書類も受付します。押印を求めない書類については、担当者が責任をもって内容確認を行った上で提出して下さい。

お問い合わせ

財政課
契約検査室 契約係(内線1471・1474)
電話:0894-22-3111