○八幡浜港港湾施設の管理及び利用に関する条例施行規則

平成17年3月28日

規則第129号

(最大荷重)

第2条 条例第3条第9号の規定による最大荷重は、次のとおりとする。

(1) 浮桟橋は1平方メートルにつき0.5トンとする。

(2) 岸壁は1平方メートルにつき1.5トンとする。

(3) 物揚場は、1平方メートルにつき1.0トンとする。

(利用の手続)

第3条 条例第6条の規定により許可を受けて港湾施設を利用し、又は占用しようとする者は、あらかじめ許可申請書を市長に提出しなければならない。

(継続利用)

第4条 長期利用又は占用の許可を受けた者が継続して港湾施設を利用し、又は占用しようとする場合は、期限満了前に継続許可申請書を提出して市長の許可を受けなければならない。

(許可事項の変更)

第5条 許可を受けた者が許可事項に変更を来たす利用又は占用をしようとするときは、速やかに願い出て市長の許可を受けなければならない。

(許可の通知)

第6条 市長は、前3条の申請について、許可する場合は、別に許可書を交付する。

(許可申請書等の様式)

第7条 許可申請書の様式は、次のとおりとする。

(1) 港湾施設(一時・長期)利用許可申請書 様式第1号

(2) 港湾施設占用許可申請書 様式第2号

(3) 港湾施設長期利用継続許可申請書 様式第3号

(4) 港湾施設占用継続許可申請書 様式第4号

(5) 港湾施設(一時・長期)利用変更許可申請書 様式第5号

(6) 港湾施設占用変更許可申請書 様式第6号

2 許可書の様式は、次のとおりとする。

(1) 港湾施設(一時利用・長期利用・占用)許可書 様式第7号

(2) 港湾施設(長期利用・占用)継続許可書 様式第8号

(3) 港湾施設(一時利用・長期利用・占用)変更許可書 様式第9号

(許可の表示)

第8条 条例第7条の規定による利用又は占用許可の標識は、物揚場占用・利用許可済(様式第10号)により利用の期間中、見やすい場所に掲示しなければならない。

(料金の減免)

第9条 条例第10条の規定により使用料を免除するものは、次に掲げるものとする。

(1) 旅客の携行する手荷物 桟橋使用料

(2) 郵便物 桟橋使用料

(3) 警察、郵便、保安等の関係職員 桟橋使用料

(4) 国及び地方公共団体の船舶 入港料 係船料

(5) 総トン数5トン未満の舟てい 入港料 係船料

(6) 修理、海難、救助又は避難のため入港した船舶 入港料 係船料

2 使用料、占有料を減額することができる範囲は、次のとおりとする。ただし、市長が特別な理由があると認めるときは、この限りでない。

(1) 定期船及び八幡浜港船籍船は額の40パーセント以内 入港料 桟橋使用料

(2) その他必要と認めた場合は額の30パーセント以内 港湾施設使用料 港湾施設占用料

(係留施設)

第10条 船舶の係留施設は、次のとおりとする。

(1) 浮桟橋

(2) 岸壁

(3) 物揚場

(4) 係船護岸

(係留船舶の注意事項)

第11条 係留船舶は次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 火災その他他船又は第三者に危害を及ぼすおそれのある事故が発生したときは、速やかに離岸その他適当な処置をとること。

(2) 係留施設に損害を与えないよう適当な防船具を利用すること。

(3) 海洋汚染を起こす塵芥、汚物、油等を係留施設又は海中へ投棄しないこと。

(利用者の届出業務等)

第12条 係留施設を利用する者のうち貨物の取扱いをする海運業者は、その取り扱った貨物の数量を月にまとめ、翌月5日までに市長に届け出なければならない。

2 係留施設に船舶を係留する場合は、船舶係留届(様式第11号)又は、港湾法施行規則(昭和26年運輸省令第98号)第15条第2項に定める様式によりあらかじめ市長に届け出て、係留の場所その他について承認を得なければならない。

(広告物の制限)

第13条 公共の秩序をみだし、善良な風俗を害するおそれのあるもの及び設備上危険な広告物は掲示してはならない。

(旅客施設利用の制限)

第14条 条例第3条第1項ただし書の規定にかかわらず、旅客施設においては、何人も次の行為をしてはならない。

(1) 車両を長時間放置し、又は常時駐車若しくは停車すること。

(2) 物件その他の荷役をし、又は販売をし、若しくは蔵置すること。

(3) 船客待合所の設備及び付属の施設を損傷し、又は汚染する行為をすること。

(行為の制限)

第15条 条例第3条第1項第10号の規定による係留施設は、次のとおりとする。

(1) 沖新田岸壁

(2) 内港物揚場

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年3月28日から施行する。

(経過措置)

2 この規則施行の施行の日の前日までに合併前の八幡浜港港湾施設の管理及び利用に関する条例施行規則(昭和40年八幡浜市規則第9号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年10月31日規則第162号)

この規則は、平成17年11月1日から施行する。

附 則(平成20年1月25日規則第1号)

この規則は、平成20年2月1日から施行する。

附 則(平成21年6月30日規則第25号)

この規則は、平成21年7月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

八幡浜港港湾施設の管理及び利用に関する条例施行規則

平成17年3月28日 規則第129号

(平成21年7月1日施行)