セルフメディケーションを心がけましょう

2021年10月11日

セルフメディケーションとは?

「自分自身の健康に責任を持ち、軽度なからだの不調は自分で手当てすること」です。

自分の健康は自分で守ることを意識し、積極的に健康管理に関わることで、健康寿命を延ばしましょう。

 

セルフメディケーションへの取り組み

  1. 適度な運動
    目安としては、息がはずみ、汗をかく程度の運動を週に合計60分とされています。
    まずは今より10分多く、毎日からだを動かしてみませんか?
  2. 栄養バランスのとれた食事
    糖尿病・高血圧や高脂血症などの病気は栄養や食生活との深い関わりがあります。
    適切な食事は、このような生活習慣病の予防や生活の質の向上に大きな役割を果たします。
    1日の中で「何を」「どれだけ」食べれば良いかの目安を示した「食事バランスガイド」がありますので参考にしてみてください。
    食事バランスガイド(厚生労働省)
  3. 十分な睡眠と休養
    心身の疲労回復には良質な睡眠を取ることが大切です。
    朝起きたら太陽光を浴びる、寝る前にスマートフォンを見るのを控えるなど工夫することで良い眠りに繋がります。
  4. 自分のからだの状態を知る
    日頃から健康を意識し、体調管理をすることで、からだの変化にいち早く気付くことができます。
    体重や血圧などはご自分でも測れますし、健康診断やがん検診を定期的に受診するようにしましょう。

 

※八幡浜市では国保加入者の40~74歳の方を対象に特定健診を無料で受診できます!

 

ちょっとした体調不良にはOTC医薬品を

どんなに健康に気を付けていても、体調を崩すことはあります。

そんな時はOTC医薬品を上手に利用しましょう。

 

OTC医薬品とは?

薬局やドラッグストアで処方箋なしで購入できる医薬品のことです。

従来は「大衆薬」や「市販薬」と呼ばれていました。

軽い病気や不調の症状緩和に活用できます。

OTC医薬品を使用するか?それとも医療機関を受診すべきか?判断に迷うなど、薬についてわからないことがあるときは、店舗の薬剤師や登録販売者に相談しましょう。

 

セルフメディケーション税制

健康診断や予防接種等を受けている人が、特定のOTC医薬品を購入することで、確定申告の際に所得控除(※)が受けられる税制です。

医療費控除とセルフメディケーション税制のどちらかを選択することが出来るようになり、控除の枠が広がっています。

セルフメディケーション税制について詳しくは厚生労働省や国税庁のホームページでご確認ください。

 

※所得から一定の金額を差し引くこと

お問い合わせ

市民課
国保係
電話:0894-22-3133