令和3年5月20日から避難情報が変わっています。

2022年4月20日

災害対策基本法が改正され、令和3年5月20日から避難情報が変わっています。

 

避難勧告・避難指示の一本化

  (変更前) (変更後)
警戒レベル3 避難準備・高齢者等避難開始 ⇒高齢者等避難
警戒レベル4 避難勧告、避難指示(緊急) ⇒避難指示
警戒レベル5 災害発生情報 ⇒緊急安全確保

 

  • 『避難』とは、『難』を『避』けることです。安全な場所にいる人は、避難場所に行く必要はありません。
  • 避難先は、小中学校や公民館だけではなく、安全な親戚・知人宅やホテル・旅館に避難することも考えてみましょう。

5段階の警戒レベル

  • 警戒レベル5「緊急安全確保」は、すでに災害が発生・切迫している状況です。
  • 警戒レベル4「避難指示」は、立退き避難に必要な時間や日没時間等を考慮して発令されます。このタイミングまでに危険な場所から必ず避難をしてください。
  • 警戒レベル3「高齢者等避難」は、高齢の方、障がいのある方、乳幼児のいるご家庭、妊産婦の方など、避難を支援する方も含めて避難行動を開始してください。
    高齢者等以外の人も必要に応じ、外出等を控えるなど、普段の行動を見合わせ、避難の準備や自主的な避難を考えましょう。

 

01 02

 

避難行動判定フロー避難情報のポイント

 

※画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。

 

 

(参考)内閣府ホームページ「避難情報に関するガイドライン改定」<外部リンク>

お問い合わせ

総務課
危機管理・原子力対策室
電話:0894-22-3111
ファクシミリ:0894-24-0610