八幡浜市美術館~イベント情報~

2022年9月29日

令和3・4年度市町村立美術館活性化事業 第22回共同巡回展
土門拳記念館コレクション展 土門拳-肉眼を超えたレンズ-

土門拳写真展  

 ※画像をクリックするとチラシをご覧いただけます。 

 

激動の昭和を独特のカメラアイで切り撮り、日本の写真界に大きな足跡を残した写真家・土門拳(1909~1990)。戦前、戦中、戦後、復興、高度成長と、日本社会全体が目まぐるしく変化していく中、強烈な個性とこだわりを持って、一貫してそこに生きる日本人や現実社会を撮り続けました。同時に、古寺や仏像などを大型カメラで見据え、独特の美意識で、連綿と続く日本人の心を追究しました。
発表された数多くの作品と土門拳の写真に対する考え方は、その時々の社会に影響を与え、日本の写真文化の形成にも大きな役割を果たしてきました。
本展は土門拳記念館の協力のもと、開催される巡回展で、八幡浜展が最後となります。その後の写真界に影響を与えたライフワーク『古寺巡礼』や『風貌』をはじめ、『ヒロシマ』『筑豊のこどもたち』、戦前から戦中期の日本の姿を捉えた貴重な作品群など土門拳の代表作約120点を紹介します。
携帯電話にもカメラ機能が搭載され、写真を撮るという行為が身近になった昨今、本展が写真やカメラの文化を改めて見つめなおす契機となれば幸いです。

 

会期/2022年10月29日(土)~12月11日(日) ※月曜日休館

開館時間/10:00~18:00 (最終入館 17:30)

入場料/一般500円、パスポートチケット1,000円(会期中ご本人は何度でも展覧会へ入場できます)、高校生以下、障がい者手帳をお持ちの方と介助者1名は無料

会場/八幡浜市美術館(八幡浜市民文化活動センターComican 1階)

主催/八幡浜市、八幡浜市教育委員会、第22回共同巡回展実行委員会